魚屋の店長の主張
仮想通貨・暗号通貨・草コイン

ビットコイン相場 世界一わかりやすい雲の解説。

だいぶ前にアンケートしてました件ですけどね。


今日は、一目均衡表雲、通称一目雲、(いちもくくも)について、超簡単に解説します。難しい用語とかないです。

ちなみに、一目均衡表雲ですけど、これまた、ローソクと同じく!昭和初期に日本人が手書きで考え出した相場のシグナルなんです。

これがすごいのが、まだ来ていない将来の雲まで見えてしまっている事なんですけど、パソコンの無い時代によくこんな物作ったなーと感心している魚屋です。

一目雲は、トレンドが非常にわかりやすく、世界中のトレーダーが参考にしていますので、知らないと負けますが、超簡単です。

下の図の赤い雲と緑の雲ですね。

指標はTrading Viewというものを使っています。Trading Viewは無料で使えるので、この際ブックマークしておいてください。魚屋は無料で使ってます。十分かなと。

Trading Viewに登録する

本当は5本の線があるんですけど、正直、緑色の雲と赤い雲があるなぁ、という感じでOKだと思います。使う場合は、基本的にデフォルト、初期設定でOKです。

ちなみに、一目雲はトレンドを表します。超簡単なんですけど、

〇雲より下は下落基調

〇雲より上は上昇基調

まず、これです。そして、

〇雲に入ったら方向感がなくなる。

〇雲から出た方向に行きやすい。

という特徴があるんですね。上なら上に、下なら下に。簡単です。見てわかりますので。

かなり雑に〇付けましたが、雲からでたら、上がりやすいんですね。その逆もしかり。なので、雲に入った時にロング、出てRSIやMAC-Dで売りサインが出たら、売り、という事もできそうですね。

日足も参考になります。

日足。上昇している時は雲上。下がっている時は雲下ですねぇ。

ちなみにBTCチャート。あと数日後に迫りそうなあの薄い雲。

ローソクは、雲の薄いところを狙う事が多いのです。厚い雲をがっつり抜けたら、そりゃかなり強い目線にななりますが、ビットコは、恐らく、この薄いところを狙って上がっていくんじゃないか?というのが魚屋の現在の見立てです。

ちなみに、色なんですけど、下落するときは、緑色の雲から下落して行く事がかなり多いです。90%以上は緑の雲を突き破って下がっていく感じがしますね。魚屋は。上がる時は薄いところ。

Trading Viewでこれ使う場合は、インジケーターから一目雲を選べば出てきますので、是非使ってみてください。

雲も目安ですが、横横の場合は、短時間の雲は、ほとんど意識されなくなります。その場合意識されるのは、30分だったり1時間だったりしますので、時間軸ごとにチェックして行く事で、今後の予想が立てやすくなりますな。

ちなみに、フィボナッチについては、ここ!

あわせて読みたい
ビットコイン相場 フィボナッチ指数とその呪いについてTrading Viewのチャートを使って解説です。仮想通貨ビットコインで初めて相場を知った方!フィボナッチ指数とは何か?トレイディングビュー(Trading View)を使って解説してい...

ローソクについては、ここ!

あわせて読みたい
【チャートの見方 ローソク】ローソク足の見方 読み方 種類について ビットコインチャートを用いて解説超基本!チャートを作るローソクの見方と種類 チャートが読めるようになりたいけど、基本チャートやらローソクやら知らん!という、そこのあな...

最近すげぇ読まれているBitMEXについては、ここ。4月14日ちょっと更新しています。

あわせて読みたい
Bitmexの使い方、レバレッジの変更や登録方法
【BitMEX(ビットメックス)の使い方】日本一分かりやすいBitMEXの解説書!レバレッジ100倍BitMEX(ビットメックス)の使い方を、日本一わかりやすく実践で解説!初心者でも分かるレバレッジと取引方法、ロスカット、入金、そしてBitMEX(ビットメックス)の手数料について、仮想通貨ツイッターフォロワー1万の魚屋の店長が実際にチャートをみながら使い方を説明しています!...
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。