魚屋の店長の主張
仮想通貨・暗号通貨・草コイン

ビットコイン相場 3月24日時点のチャート分析を試みて、目線はどちらか調べてみた!

白熱、鉄火場のBTC相場。強制退場した人もいるでしょうし、資産倍増、魚屋の様に100倍にした方とかもいる事でしょうw

しかし、最近のBTC相場は、非常にわかりずらい。昔はショート一本で、10万円の値幅が取れました。しかし、今は大口が変わったのか、せいぜい取れて2万円。ボラが少なくなったので、なかなか悪戦苦闘中な方も多いはず。魚屋も悪戦苦闘しておりますw

で、本日、アンケート。600件以上の回答を頂きました。ありがとうございます!

 

全体的に上目線ですね!

で、魚屋もどうなるか気になります。上目線なのか、下目線でいいのか。そこで、4時間足や1時間足で三尊を基軸に分析をしてみました。

2月上旬から、一個ずつ、三尊系のチャートを解凍していきましょう。

まず、2月の上旬から作られた逆三尊があります。これは、130万弱の上げに寄与しました。魚屋もばっちり取れました。もう少し上げてもいいと思っていたんですけど、2月22日ごろ付けた価格124万前後から下落、三尊を築き始めます。

個人的には、ヘッドより左ショルダーの山の方が価格が高いので、微妙なのですが、やはり微妙にしか下がっていません。ダブルトップと考えた方がいいかもしれない、三尊。ちなみに、右ショルダーの中には、三尊が出ています。

ま、理由はどうであれ、そこから、ちょっと下がっているのですが、右肩下がりの三尊は、指標としては、弱いんですね。

否定されやすいんです。

で、実際、青の補助線を見てもらうとわかるのですが、高値のサポートラインはすでに割っており、三尊否定の様相を見せている途中です。ただ、油断はできません。なにせ大きいので。大きい指標であればあるほど、力が強いからです。しかし。。。

現在。。。

あれ、もしかして、右肩上がりの逆三尊形成中なのか?個人的には、ヘッドからの上げが無理やりなので、逆三尊と言いたくない形なのですが、右肩上がりの逆三尊を形成している風に見えますね。となると、行先はどっちか考えると、見えてくるのは、二つ!このままサポートに沿って、上がるか、サポートから外れて、下がるのか。

まぁ、チャートを100%読むことが出来る人はいませんので、あくまで予想。ただ、右肩上がりの逆三尊は、相当強い指標なので、

!サポートもRSIもMac-Dも無視してカチ上がり!

という事が期待できます。とりあえず、ロング目線でOKでしょう。魚屋は、もうそろそろ、ロング入れます。右肩上がりの逆三尊が30分でもつくられているからです。

最近スキャにもはまっているのですが、やっぱり、じっくり構えて、値幅取りに行くのが一番いいスタイル。今なら、ロスカを91.5万ほどにおいて、しばらく放置、という事が可能です。ロングで行きましょう。下がるより、上がる方が面白いので。

ただ、逆三尊否定されると、超絶下落20万もあり得ますので、要注意w

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。