魚屋の店長の主張
仮想通貨・暗号通貨・草コイン

【ビットコイン相場予想】魚屋の店長のチャートの見方 超短期編

魚屋は、ビットコイン相場・チャートの見方と予想を長期、短期でリアルタイムにツイートしてます

ビットコインの相場チャート。どうやってみればいいのか?魚屋の店長はビットコインチャートについては、指標を使って、リアルタイムでも長期でもエントリーして稼げました。いえい!

2月は一回も更新しなかったブログですが、それはビットコイン相場をチャート見ながらガチでやっていたからです!

そう、ビットコイン相場。それは投機。投資ではなく、短期で馬鹿みたいに利益を上げるか、資金を失ってしまうか、という「投機」です。

魚屋は投機家になっていたんですね。そして、その結果はVALUに記録しています。儲かりました。というか人生で最大の資金を握ましたよ!魚屋はw

さて、そんな魚屋ですが、いったいどうやって、取引をしているのか!を書き足していこうかと思っています。

ち・な・み・に 魚屋は相場素人です。ビットコインチャートはすごく分かり安いので稼げましたが、株や為替ではだめなので、魚屋の予想は単なる予想でよろしくです!

まずはツイッターです。

仮想通貨の相場で絶対に必要なのが、ツイッターでの情報収集です。

ツイッターやらないとか、マジであり得ないです。ここで、有名な投資家の皆さんを紹介しておきますので、フォローしておいたらいいと思います。ちなみに魚屋も相場チャートをつぶやいていたら、4000人ぐらい増えて、5000フォロワー超えてちゃいましたので、よかったらどうぞ。

さて、まずは、なんといっても、Kazmaxさん。フォロワー激増4万人OVER。長期で500枚、1000枚の取引されています。5億、10億の取引ですΣ(・□・;)

実は、魚屋ですが、間接的に彼の事を知っておりまして、ずいぶん前からフォローしておりました。Kazmaxさん、魚屋のブログ読んでくれるなら、近いうち東京にいきますね。おまちあれ~。

彼は一日3億円とかビットコインの相場で稼いでいます。1月にチャートが出来てからの参入です。非常に参考になる上、Kazmax砲がなると、チャート変わりますwww。やんちゃなので、いろいろな人から絡まれますけど、基本的には真面目な人なので、強くフォローお勧めです。

おすすめ順番ではないですが、つぎは響さん 実況中継あり。超短期。クールな感じの人です。すごい短期で利益あげていますので、すごいです。

 

月収7000万のアニオタさんw 乱高下激しすぎて個人的に好きですw。実況中継あり。よく手の内が一緒になることがあります。ショーターですw

なるみ@仮想通貨女子(ネカマ) 魚屋は思うんですけど、この世で、いくら感情的に怒って周りにあたりちらしても、嫌われないのがオカマだと思うんです。

こしょう@仮想通貨 さん 分析を参考にしています。初心者もわかりやすいと思いますね。なぜかフォロワーさんが少ないのですけど。

といろいろ、紹介したいのですが、切りがないので、ちょいちょい出します。ツイッターはマジで必須です。

これが準備出来たら次。

Trading View 

https://jp.tradingview.com/

上記サイトは必須です。あとで使い方を解説しますが、とりあえず、このサイトはブックマークですね。これないと出来ないです。

さて、準備は上記だけ。ここから、魚屋が使っているチャート指標です。

RSI

RSI(Relative Strength Index)ですが、これは簡単に説明すると、

売られすぎ-!!!

買われすぎ-!!!

をざっくり教えてくれます。例えば、もっすごい雑で恐縮ですけど。下の図。赤で囲んだ二重線としたの二重線に注目です。

紫の位置より上の場合、買われすぎサインが出ます。この後に売られることが

比較的多いんです!

比較的ですね。比較的ですよ。絶対ではないですよ。でも、結構、あたるんですね。これ。実際、2重線部分で上がりすぎのサインが出た後、下がっています。

ただ、どれくらい下がるのか、とか、これでは分かりません。というか、基本的にどこまで上がるか、どこまで下がるか、がわかる人は大口さんしかいませんw「大口さん」とはチャートを決めている人で、大金持ちさんです。

ちなみに、魚屋は、RSIは、メインでは、中長期のチャートの強さ・弱さを図る、という目的で使っています。

RSIが買われすぎだから、ショート(売り)入れようーとか、全然思いません。今のチャート全体の動きがどっち向きなのか?ロング(買い)かショート(売り)なのか?を判断する指標にしています。

真ん中より上が続いていると、買い方強いなー、と分かりますし、下が続いていると、売り方強いなーがわかります。面積を気にしていますね。魚屋は。

下記の図。

たとえば、黄色の部分。2月21日~28日までは下向き、売りの面積が大きいので下げなんですけど、全体として青色の部分の面積が大きいので、地合いはロングとジャッジできます。

地合いがロングの時は、基本上げのベクトルが強いので、下落も時間がかかります。

こんな感じで長期の目安にしています。RSIは。長期のベクトルの向き、地合いを知るのにはすごくいい指標だと思っています。

Mac-D

マックディーは、

これから上がるぞー!(ゴールデンクロス)

これから下がるぞー!(デッドクロス)

を結構教えてくれます。たとえば、これ。BTCUSD分足です。

〇の部分がクロスしていますね。最初の丸はゴールデンクロス。青が橙を下からクロスしています。これは上げのサイン。実際上がっています。逆に青が橙を下にクロスすると下げのサイン。実際下がっています。

これも、目安ですね。ちなみに18:15分、一番右ですけど、RSIは売られすぎサインが出ていますね。一方でMac-Dの線の幅がデカいですね。まだ下がりそうです。RSIだけでは、どこで買えばいいのか全然わからないので、Mac-dも参考にして、インするタイミングを見計らいます。

ツイッターでは何度も言っていますが、安い時に買って、高い時に売るのが、絶対の基本条件なので、ここからインする場合は、買いから入るしかないです。少なくともRSIは売られすぎなので、ここで売ると、売りイナゴ。焼かれるのでご注意ですし、もうちょっと下がって買えばいいかな?とも思いますが、ここで右側の雲が気になるんですねぇ。。。

一目雲(Ichimoku)

雲というのは、下の図で示している、青い雲と赤の雲ようなものです。

矢印緑、と赤がありますね。

雲の上だと上げ基調。雲の下だと下げ基調。雲の中だとどっちつかず、でOKです。雲の中だと、闇雲です。どっちいくかわかりませんw。

で、魚屋が雲は結構重視しています。これは、ショートするためです。売りです。売り。ショートです。ショートする際は、右側に赤の雲があることが多いのです。たとえば、この図の一番右ですが、赤くて薄い雲がありますね。この時に下がりやすい。

12:00-13:00の下落では右側に赤い雲が見えにくい。なので下がりにくい、とジャッジしていまして、80%ぐらいで当たります。ちなみに上記の図から、30分の後の現在ですが

下がってますね。右側に薄い赤い雲があります。ただ、ちょっと厚みが出てきましたので、この辺でいったんストップするかもしれません。RSIも売られすぎな感じです。Mac-Dもゴールデンクロスが一回出ています。下げの勢いが「弱まる」と思えますね。買うなら、今かもしれませんね。

追記:その後30分後

下げ、の勢いが弱まっていますね。これからロングが厚い雲に入ろうとしますが、結構跳ね返されるので注意。Mac-Dはゴールデンクロスが出ていますがデッドクロスがでそうな感じがあってます。買い方もつかれている感じです。また、RSIも真ん中まで行って、ニュートラル。ここから上がるのか下がるのかは、ちょっと判断できないですけど、地合いがロングなので、ロングエントリーはありかもしれません。

魚屋はエントリーについては、少なくとも上記の3つの指標と三尊・逆三尊を重要視してエントリーしています。数十分から数時間お超短期の場合は、上記で対応できるかなーと思っています。

今回はこれまで。思った以上に長くなってしまいました!次は、分足(ふんあし)時間(あし)の使い方と、三尊・逆三尊、ダブルボトム、ダブルトップなんかの、魚屋の見方を説明してみます。今回の記事にはアフィリエイトはなしです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。