オソロシア ロシアからすると、日本と平和条約結ぶメリットがない。

ロシアのプーチン大統領を山口まで招いて会談。

日本とロシアが仲が良くなるのはいいことでしょう。これにはぼくは異論ありません。

ただ、今回、期待された平和条約締結については、肩透かしになっちゃいました。

国外にすんでいると、外から日本をみるので、ロシアの考え方もわからなくはないです。

コミカルにしましたけど、結局ロシアからすれば、日本と平和条約を結んでもあんまり意味がない、と云う事を今回思い知らされました。

なぜなら、日本はせめて来ないから。脅威でもなんでもないんです。在日米軍がいるから、米軍と戦争するなら、その舞台は日本にならない。占領しても資源も何もないし、言葉も通じませんし、米軍と自衛隊と戦うほど、バカみたいな話はありませんから。

となるとですね。平和条約結んでも、それは国際的な政治の面では意味があるかもしれませんが、ロシア国内とすれば、攻めても来ない日本と、平和条約を結んで2島返して何やってるの?金で売ったのかいな?という事になりますね。

完全に予想をはずしました。ぼく。ロシア側の視点が抜けていた。。。。

かといって、日本の平和憲法を放棄しろ、という話にはならないのですが、北方領土はこのまま凍結したまま永久にかえって来ないかもしれません。

それこそ、ロシア国民は北方領土は自分のものと思っているんですから、向こうからあげたい、というぐらいな仲になっていくしかない。

そのための、共同経済活動、なのかもしれませんが、これを実現するには相当ハードルが高い。

法の問題もあるし、共同で経済活動した後、日本と平和条約を結ぶ機運をロシアで高めないといけないですしね。

ただ、何もしなければ、何も始まらないです。個人的には2島返還、平和条約締結が最終目標なので、こういった官民そろった政策で、なんとか平和条約を結んでほしいなぁと思います。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA