魚屋の店長は作家になります。。。「100人共著プロジェクト」参加!

へ?魚屋の店長が作家へ?

は?転職するのかって?また無謀な事を、、、

いやいや、ちがうよ。ちがうよ。

本出してみようかなって感じ?

ほら、作家とか言ってもさ、別に、本出したら、もう作家じゃん?

本を出すハードルなんか、最近ものすごい下がっているじゃない?

アマゾンキンドルとかあるしさ、電子出版とかお金かからずに出版できるわけ!

で、魚屋の店長しながら、作家にもなれる、という事で、さっそく作家になってみよう!と。

で、突然なんですけど、もうすでに出版しています!

100人で書いた本~1440分篇~ 審査用匿名版 (キャプロア出版)
100人で書いた本。

 

そうなんです。一冊の本を100名で書く、というアイデア本に、共同著者として出ました!

立派な作家になりましたね。魚屋の店長。むふふ。

で、この本なんですけど、文字通り、100人で、「1440分」というお題について、それぞれが思う事を書いています。

1440分っていうのは、1日のこと。

100人が一日について、書く、というのは、おもしろいものですね~。それぞれ、どう1日を考えているのか。

一人当たり、600-800字。結構短いんですよ。

それでも6万字ー8万字という結構大きな書籍になるんです。

ぼくは、でる、と決めた瞬間に取り掛かり、30分ぐらいで書き上げ、3日かけて推敲しまして、投稿しました。

もともとはVALUで知り合いになったきゃっぷさんが発案され、我こそはー!という募集がありましたので、何も考えずに応募!今回のお題は「1440分」なんですが、魚屋の店長の思う1440分も、もちろんこの中に入っています。

で、この本の面白いところが、購入者に投票権が与えられて、

誰がNo1なのかを決める所です。

12月26日までに投票なのですが、この本の著者は、すべて無記名なんですよ。

誰が何を書いたのかわからない!

そして、どれが一番良かったか、今の段階で購入いただけると、投票権が付くんですね。著者にも、もちろん、着くんですが、購入者にもその権利が付きます。

ちなみに、今回の100人共著プロジェクト、これで2回目なんですね。一回目は購入者さんからの投票も数百あったと聞いています。

今回は第2回なのですが、今回も同じ。

一冊300円ですが、キンドルアンリミテッドだと無料。12月26日を過ぎると600円になり、著者名が入ります。ただ、300円やアンリミテッドで購入された方は、無料で更新ができますよ。

紙では出来ない仕組みですね。21世紀です!

ちなみに、投票ですが、本の最初にURLがありまして、そこから投票できる仕組みになっています。

ちなみに、こちら、キンドル読み放題対応なので、読み放題持っている方は、無料で投票できます。

え?まだキンドルアンリミテッドに登録されていない?

マジかよ。。。

本なんて持ち歩くのは、もう本当に時代遅れ。。。

ちょっとした隙間時間に、読みたい本を、読み放題で読める、キンドルアンリミテッドの登録は下で。

ちなみに現在、初回30日無料体験中。使わないと思ったら、キャンセルすればいいのです。

というかですね、週刊誌系やら読みたいのであれば、これ登録しない手はありません。

一例はこちら。http://amzn.to/2B4ZQSx

めちゃめちゃ登録されています。無料の読み放題。

やんない方が持ったない感じで、海外に住む魚屋の店長は使いまくっています。

という事で、魚屋の店長は、ノリと勢いで作家になりました。一位になれるとは、全然思っていないですが、誰か1人でも、ぼくが書いたものに、投票してくれたら書いた甲斐があったな、と思っています。

 

あ!そういえば!わがお店、七洋水産はキンドルアンリミテッドで本を出版しています!

これはぼくが書いたのではなく、10万部以上販売した実績のある、本物の作家、福松リアさん。なので、ついでにこちらも宣伝しておきますね。ほんわかできる、プロの本です。恋愛ショートストーリ(>◡<)

七洋水産で繰り広げられる恋愛ショートストーリ。