「海外移住」 生活にかかるお金はたいして日本とかわらない

2013年に独立して早3年。タイに住み始めて2年になります。

海外移住、というとなんか特別な感じがしますが、ぶっちゃげ、住んでみるとそうでもありません。

生活費について考えると、どこの国も同じだと思いますけど、日本と同じ生活を海外でしようと思ったら、日本よりもお金がかかります。

わが藤田家の生活費も月に50万円ぐらいかかります。。。なにせ学校が私立になりますし、すんでいる家は学校の近くじゃないとバス登校ができないので、日本人街になりますからね。

結構重い。稼がねば。

もちろん、安い家に住み、タイ人と同じ食事をすれば、3万バーツ、9万円ぐらいあれば住めない事はないのですが、それは独身の話。家族持ちは耐えられないのが現状ですかね。

ちなみに、タイ人と結婚している日本人の家族なんかは、こちらで家を買い暮らしていますが、それでもローンで8万円ぐらいかかりますし、生活費、車代など考えると、25万円、8万バーツぐらいは必要になります。

この金額で日本で生活している日本人もたくさんいると思うので、海外での夢の生活、というわけにはなかなかいかないのが現状ですけど、相当な経験にはなりますよ。

もちろん、海外生活、これは日本に無い、いいところもあります。

まず、それなりのコンドミニアムや建売家には、プール、ジムがあります。

これは日本にはないですね~。タイは南国なので、12月だってプールに入れます。30度超えていますので。

あと、たまに安い食べ物を食べれば、大幅に食費が浮きますね。タイ料理はやっぱり安いので、週に2回ぐらい食べれば、食費が1万円ぐらい軽く浮きます。

独身の場合、就職にしたって、日本人である事だけで、アドバンテージ。就職活動して決まらない、というのはあんまり聞かないですね。

それと、現地スタッフとして大手の企業に入りやすいのは間違いないです。日本で就職活動するより現地でしたほうが、採用されやすい。

それは、給料が安いからですね。現地スタッフは。

日本の場合、まぁ、海外駐在する場合、会社はやっぱり1000万円ぐらい年間のコストを考えないといけません。

車を出してあげたり、小学校の補助を出してあげたり、家賃補助を出してあげたり、出産費用を出してあげたり。

これが現地採用だと、ないんですよ。手当が。なので、採用しやすい。

採用されて、上司と仲良くなると、本採用、日本採用になることもありますよ~!大手で働きたい人は、いちどタイやシンガポール、マレーシアあたりで就職活動をしてみる事をお勧めします。本当に入りやすいので。

で、言葉は?となりますが、やっぱり英語は話せた方が楽です。現地のタイ語は簡単なんですが、タイでしか使わないので、覚える気がしない。。。海外に住みたいなら、英語もタイ語も慣れなので、話せなくても海外来た方がいいですね。

家族連れの場合、現地採用だときついので、起業してお金稼ぐのが一番。ブログで飯食えるぐらいなら、海外での生活もできなくはないですよ。ビザとるのはいろいろ工夫すればいいからですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA