「面接」で合格する就活生の特徴 自己分析が徹底している

就職活動のための面接シリーズです。

新卒の就活で、絶対に必要なことは、自己PRと志望動機。この2つだけです。

この2つがしっかりできていて、初めて土俵に乗ります。

大学3年生になり、一体どこの業界に行きたいのか、初めて考える人が大多数。

どういう仕事がいいのか、地元に帰って就職したいのか、東京・大阪で働きたいのか、初めて考える。

僕自身、よく覚えていますけど、大学3年生の時、正直全く将来像を描けていませんでした。

周りが就職するからしょうがないから、僕も就職しようかなぁ、という感じでしたね。当時も、今もパチスロにはまっていましたので、このままプロでもいいかなぁ、と思ったんですけど、親が悲しむからやめておこうといったぐらいの動機です。

で、今、自分の会社を2社もって海外で生活しているんですからねぇ、すでにこのブログを見ているあなたの未来は絶対明るい!

ということで、(どういうことだ?)自己分析についてです。

自己分析とは、自分探しの旅なんですね。机の上で旅をします。

自分はいったいどういう人間なんだろうか。。。

そもそも自分が何をしたいか。

そういうことを探すんです。

それが全くわからないから困っているんです!という方。

!それは、当たり前です!

全くわからないのが、ごく普通なので、気にしないように。何せ、全員同じような教育を受けて、同じような大学に入って、同じように過ごし、いきなりお前の好きなように生きろ、といわれるんですから、当たり前なんですね。

さて、自己分析することで、自分はいったいどういうことをしたいのか、と云う事を考えていくんですね。

で、これはかなりの時間がかかります。僕はこれに一か月ぐらい時間がかかりましたので、かなり大変な作業になりますが、絶対しておかないといけないんですね。

面接ですが、面接官はあなたの事を全く知りません。

今までは、先生が根ほり葉ほり聞いていたかと思いますけど、社会人は学校ではないのでえ、根ほり葉ほり聞いてもらえることなど

絶対にありません

なので、自分でPRをしないといけないのです。そのための自己分析なので、必ず以下の事ぐらいはしておきましょう。

○大学生活で、何をしてきたのか。
○大学生活で、一生懸命やってきたことは。
○なぜそれを一生懸命やったのか。
○一生懸命やって何を得たのか。
○得意な事はなんだったか。
○苦手な事はなんだったか。

○どういうところに生まれたか。
○両親はどうだったか。
○部活、クラブ活動はどうだったか
○アルバイトはしたのか。

○どういうときが楽しいのか。
○どういうときが楽しくないのか。
○どうなれば楽しいのか。
○どうなれば苦しいのか。

とにかく具体的に、具体的に、書き出していきます。これ、最初は面倒なのですが、だんだん楽しくなってきますよ。

まったく自己分析をせずに面接すると、こういった感じになってしまいます。

「わたしは成長することが大好きです、成長意欲では人に負けません、この強い意欲をもって御社に入社し活躍したいと思います。」

まず、なんで成長することが好きなのかストーリーがないですね。成長って体重が増えることでしょうか?身長が伸びることでしょうか?何が言いたいのかわからないんです。

強い意欲、とはどういう事でしょうか?

御社に入って活躍したい、うん、どうやって活躍するんでしょうか?活躍って何をもって活躍なんでしょうか?

抽象的な事を面接をくくっても、全く相手に伝わりません。いや、むしろ逆に質問されて、しどろもどろになります。たとえ、あなたが超優秀だったとしても、それが伝わらなければ、落とされます。

抽象的な事を言う場合は、必ず具体例を付ける必要があります。

たとえば、私のばあいですけど。
「私は学生時代、ハンドボールに打ち込んできました。毎日毎日、さまざまな創意工夫をすることで、個人の技術力を上げ、県大会は人で20点も取ることができました。今の自分よりも将来の自分が成長している事にやりがいを感じます。その経験を御社で活かしていきます。」

とこんな感じでアピールするのです。成長とは何か、なぜ成長が好きなのか、その結果どう感じるのか、こう話すと説得力が出てきます。

そして、面接官が聞いてくるのは、創意工夫とはどういったことですか?と、抽象的な事に対して、必ず質問してきます。

そこで、わざと抽象的な言葉を使い、質問させる、というテクニックもあるんですよ。

今は、就職活動はそこまで厳しい時代ではないので、必要ないかもしれませんけど、私の時代は暗黒時代でしたので、ここまで準備して望んでいました。

とにかく、自己分析です。自己分析からすべてが始まります。

そして、自己分析など一生でこの時期ぐらいしか、しません。これが最初で最後と思って、しっかりやっていきましょうね! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA