魚屋の店長の主張
独立・起業・転職

「損益分近点」を超えるまで

独立・起業を考えている方に、ぜひ知ってほしいこの損益分岐点の話。

毎月いくら稼げば、自分に給料が出るのか?という事です。

ちなみに私は3年かかりました。。。商売下手ですね。

3年かかるとなると、別に物販をしなくても、ブログ書き続けた方が儲かる可能性が高いかもしれませんwww。

でも、ですね。物販は急に商売がなくなってしまう可能性はありません。

ブログはメディアを一つに絞ると、そのメディアがなんらかの原因で収益化できなくなってしまったら、ビジネスが破綻してしまうリスクがあります。

なので、複数メディアを運営し、ブログの内容は保存しておくことは必須です。

物販の場合は、相手の倒産による連鎖倒産という可能性や、大手の参入によって価格的に勝てない可能性があることがあります。

リスクを考えるとどっちもどっちですが、書くのが苦手の場合は、やはり実商売から入るのが王道。

ブログも自動収益化しますが、物販も商売が流れ始めると自動収益化が始まります。

また、ブログと圧倒的に違うのが、損益分岐点を超えた後です。ある意味青天井ですからね。

ブログの場合は、物販のように大きな商売が決まって1億稼ぐことはできません。

ここの当たりは考え方で、1億稼いで何するのか?という事と、生活できる範囲で十分であればいい、という考え方と人それぞれでしょうね。

さて、前置きが相当ながくなりましたけど、損益分岐点について。

通常、物販を始める場合は、さまざまなコストがかかります。

実店舗を持つ場合などは、以下の考え方が必要です。

例えば、外食。ぼくは外食経験がゼロからスタートしましたけど、計算だけはできました。

例えばの例ですが

家賃     30万円
人件費    30万円
固定資産税等  5万円
水道光熱費   5万円
通信費用    3万円
会計費用    3万円
減価償却費   2万円
広告費     2万円

合計     80万円

だいたいこんな感じで固定費がかかるとします。
 
月に80万円のコストを支払うために、最低でもこれぐらいは売上ないといけない
という数字をしっかりつかむことが大切です。

原価率が50%の場合は160万円の月間売上。

ということが、日に5万円の売上が必要になりますね。

原価率が30%の場合だと、70%が利益率なので

115万円でOKです。日に38000円の売上になります。

人を雇い、店舗を持つ場合は、これが最低の売上になるんですね。

これ以上の売上を出して、ようやく自分の給料がもらえる事になります。

ですが、例えば自宅兼レストランとした場合です。

家賃を0で考える事ができます。
また、人件費も自分が働けば、0でも固定は払えます。

その場合、月のコストは

20万円

という事になります。もちろん家賃は税制上70%とかそういう割り振りはありますが、わかりやすくするために0にしています。

会社として利益を上げるには、最初は自宅が一番である事がよくわかるはずです。

絶対に払わないといけないコストが支払える売上を出すことができるようであれば、事業はGoです。

もちろん、自宅の家賃、自分の人件費を稼ぐ必要がありますので、結局は150万円程度の売上をださないといけませんが、ある程度の回転資金がある場合、創意工夫する時間が生まれますので、やりやすくなります。

多くの外食店は多店舗展開しますが、これにはわけがありまして。

店舗が増えても増えない固定費があるんです。

それは、会計費用であったり、法人の最低住民税などであったり、広告費であったします。

今回の例の場合、会計、広告、法人税(最低の法人税ですね)が、半分になります。

すると、1店舗目がだいぶ楽になるんですね。コスト負担が。

そうすると、売上が出ている店はますます利益が増えますし、2店舗目は他人にやらせればいいので、もっと楽になります。

そんなこんなで4店舗ぐらい出すと、当初は1店舗で月に20万円の利益が出ている場合、単純に80万円以上残ることになります。

しっかりとした店舗を作り、損益分岐点を超えてお金が余る状態であるならば、多店舗展開するのは当然と言えば当然なんです。固定費は薄くなりますし、その分収益力が付きますからね。

そして、何分社会的に貢献する事にもなります。人を雇いますし、家賃も払いますし。

そしてある程度会社が大きくなっていくと、社長はジャッジだけでOKになってきます。

ブログの場合は、常に自分が運営管理することになる点、これが大きく違うところです。

会社の社長は、最終的には暇していても、社員が勝手に稼いでくれます。

ブログの場合は、ある程度大きくなれば数年で不労収入が入ってくるでしょうけど、やっぱり自分が書き続けないといけません。

どっちが自分に向いているのか、という事を考えて、選択してもいいかも。

ぼくは、書くのも好きですし、指揮を取るのも好きなので、社長しながら、ブログもやっていき、七洋貿易の広告塔になろうかと思っています。

それこそ、広告費用を減らすために!なんちゃって。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。