仮想通貨 XEMがツイッターで投げ銭出来る@tipnem

仮想通貨 XEMがツイッターで投げ銭出来る@tipnem

いやーぼくのVALU大株主であるイケダハヤトさんの記事を読んだんですよ。

http://www.ikedahayato.com/20171019/72760771.html

XEMをツイッターで送付できる???なんのことやら、と、実は、その時、読んでみても全然、意味が分からなかったんですね。情弱でwww。

まぁ、とりあえず、仮想通貨関連はフォローしておこう、と思ってフォローだけしていたんですが、その直後に、ツイッター見ていたら、こんなツイートが。

50XEMもらえるだーと思って、さっそくツイート。

ちなみに50XEMはいくらかな、と調べると、

25円?かける50は、1250円!マジかよ。全然意味の分かっていない魚屋の店長でも、これをツイッターでつぶやいたら1250円も儲かるのかいな?と、半信半疑で、他のツイートをチェックしていたら、さっそく返事が!

へ?なんだ、なんかもう送られたっぽいぞ、と。そのあと、@tipnemからもDM、ダイレクトメールが。

ほうほう、50XEM本当に送られたようなんですが、ツイッターのどこを見ても、なにも増えないし、自分のウォレットに入っているはずもなく、何が何やらわからなかったのですが、どうやらこういう話のようです。

〇今回、Xembook@仮想通貨NEMさん(Xさんにしますね)から、ぼくは50XEMをもらいました。

〇Xさんは、NEM Mainnet tipbotさん(NEMさんにしますね)に50XEMを、ツイッター上でコマンドを出して送金。

〇NEMさんのアカウントで、自動的に、ぼくのツイッターアカウントは50XEMを持っている、という処理をしています。(確認してみたら、まぁそうですね、という回答ありでした)

んで、ぼくはコマンドをつかってXEMという仮想通貨を投げ銭出来る事ができます←いまここ!

@tipnemは、ツイッター上で、仮想通貨であるXEMを相手にあげる事ができるツールになります。XEMの特徴として、富の集中が起こりにくい、という特徴があるんですけど、これが日本ではやり始めるとXEMの実需が増える可能性がありますね。

上の文章を読んで、意味が分かる人はNEMとXEMを良く知っている人なんですけど、NEMとXEMという二つの単語がわからないと、何なのか全然わかりません。そこでNEMって何ぞや、から、魚屋の店長のわかりやすい解説を行います。

NEMってなんぞや?

 

 

NEMというのは暗号通貨をつくるプロジェクト名と考えた方が分かりやすいですね。

NEMという組織が、プログラム(POI)を作って、そのプログラムを基に、暗号通貨を発行している、という感じです。

で、そのNEMが発行しているのが、XEMという暗号通貨(トークン)なんです。これは暗号通貨の名前なんですね。さっきいった、XEMをあげる、というのは、暗号通貨をあげる、ということなんです。

ちなみNEMのシステムを使いICOするのがCOMSAのトークンCMSになります。

ツイッターのアカウントを使ってXEMをあげる事ができる、という意味ですね。こりゃすごい。

NEMは富の集中化が起こりにくい仮想通貨

NEMのいいところなんですが、例えば、ビットコインなどの一部の仮想通貨は、マイニングといってパソコン上で送金の計算を手伝ってあげる事で、勝手に通貨を増やして行く事が出来ます。これを発掘、マイニングといいます。

これには、多くの資金と電気を使いますので、金持ちしかできないわけです。金が金を生み出す、という今の経済のいいところでもあり、悪いところでもある部分が改善されてないんですね。

一方で、XEMは、XEMを使った頻度によって、分配が決まる仕組みなんです。XEMを少額でも多額でも使えば使うだけ、ポイントが上がっていき、帰ってくるといったイメージ。(実際はもうちょっと複雑ですけどね。)

ということで、最近、かなりNEMをつかったXEMは値上がりしているんですね。

アルトコインを買うにはどこで買えばいいの?

そんな仮想通貨XEMですが、アルトコインという枠に入ります。このアルトコインを買えるところを紹介しておきます。日本の場合はいくつかありますが、有名なのはここです。

CoincheckbitFlyerです。

ここで購入できるのですが、実は、CoincheckbitFlyerも、販売所でしか買えません。

販売所というのは、CoincheckやbitFlyerが持っているアルトコインを購入する、ということになるので、時価より高く買う事になります。Zaifでも買えますが、アルトコインに興味がある方は、

Coinexchange

の方が、面白いかもしれません。海外の取引所になるので、英語になりますが直感的なのですぐなれます。

なので、CoincheckbitFlyerでビットコインを購入した後、Coinexchangeに送金して、購入する方が安く変える事になります。

え?でも、本人認証とか面倒くさいんでしょ?と思っている、そこのあなた。そんなことは全然ありません。Coinexchangeは登録が超簡単です。日本のように取引始めるまで本人確認のための苦労というのがありません。

高額になって、国内の取引所に送金する際に、パスポートなどが必要になりますが、それもアップロードして認証されるまで1日や2日で終わります。すでにビットコインを持っている場合はCoinexchangeでアルトコインを買った方が、お得です。手数料が相当低いためです。

アルトコインは数百種類あります。それらを草コインと言ったりします。草コインについては、ここで詳しく述べていますので、興味のある方は、是非。Coinexchangeの登録方法も書いています。

「草コイン」仮想通貨、草コインに投資?ICOとは?おすすめの草コイン取引所はどこ?本当に儲かるの?登録方法を解説!