「大企業」のデメリット 一生安泰どころかおかしな事になる

私は大企業直轄の100%子会社に13年ほどいましたので、大企業がどうなっているのか経験しています。最近は大企業が本当にいいのか、という話がよくでるので、大企業のデメリットを伝えようと思う。

デメリット その1 上司を選べない

大企業といっても、働く場所でいえば、部署そのものになります。
上司と言っても優秀な上司もいれば、はぁ?という上司もいます。

私は優秀な上司、はぁ?という上司、どっちも当たった事があるのですが、優秀な上司に当たると本当にスキルアップにつながりますね。

一方、はぁ?な上司に当たると、最悪です。まず人格がおかしい奴ですねぇ。
本当にいますよ、上司にはペコペコして、部下には厳しくあたる人。

そういう人ほど、これまた仕事出来ないから、出来る部下がくると困るわけですよ。
まぁ、そういう上司は途中で淘汰されていきますけど、何せ時間がかかるんです。
それまで我慢しなければなりませんね。自分の人生、時間は限られているわけですが。

今はぼくは社長をしていますので、上司がいません。ハッピーです。

デメリット その2 無駄な作業が強要される。

完全に無駄と思われる作業が強要されます。

無駄な作業No1、稟議書です。あれだけミーティングしていろいろな状況をメールで共有して、全員知っているにも関わらず、稟議書を作って上司というか管理職に報告しないといけないんですよ。

しかも、文章も明治時代のような文章。書き方を注意され、提出しなおして、売上がいくらで操業年月日がいつで、とか、もう、ほんとどーでもいいじゃないか、という内容を書いて、最後に

本件に関しまして、何卒ご承認賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

とかさぁ、、、ほんと、江戸時代の殿様にお伺いを立てるのか?という事を長時間かけてやります。
そして、ようやく通って何かに活用されるのか、と言っても、何にも活用されません。

独立して海外で物販していますが、無駄な作業がありません。

極力省略しています。社員5名いますが、ミーティングは一回だけしました。

一回だけしましたけど、あ、これ、無駄だと思ってやめました。

デメリット その3 転勤

私も転勤しましたよ。結婚して4か月後に。福岡から東京です。まぁ、ぼくは会社に対して反抗的だったので、二回断りましたけどね。それでも、家買って結婚して、すぐに転勤ですよ。

買った家ですけど、実際済んだ期間は、どうだろう。1年ぐらいですかね。
今はタイにいるのですけど、27歳で買ったので、10年以上他人が住んでいます。
貸したところで、儲かるわけでもないし、住宅ローン減税も受けられないし、おいおい。

しかも確定申告しないといけないし、大変です。

ひどい話ですよ。ほんっと。

デメリット その4 稼いでも稼がなくても、昇給しません。

これ、この資本主義社会で生きているのに、共産主義的な話なんですよ。

稼いでいる営業部隊より、上司に気に入られた職能部隊の方が、早く出世したりして、いちじるしくやる気を削がれます。営業は職能部隊をお荷物としか思ってないですし、職能部隊は、うちがいないと営業できない、と思っています。

味方は自分らしかいないのに、敵が社内にもいたりします。

大企業は数千人雇っていますのでね。

ぼくの会社のモットーは、団結です。回りは敵だらけ。なので、味方が固まらないと、即死しますからねぇ。大きな会社は暇な事が出来てうらやましい。。。

デメリット その5 無駄な通勤

ぼくが、最初の就職の時に、東京の会社に行かなった理由として、通勤があります。

なんですかね。あれ。なんで会社行くのに1時間もかかるの?
ぼくは筑紫野市という福岡でも田舎に住んでいましたが、高校は大橋にある高校だったので、毎日電車通学していたのですが、もう、それが嫌で嫌で。

大学は広島でした。チャリで通学です。通勤通学が嫌だったんですよ。

移動時間は無駄と思っている私は、毎日往復2時間とか、もうすでに意味が分からないわけですよ。
通勤が嫌だったので、東京に転勤したときは、会社までドアツードアで45分のところに住みました。
それでも十分に長いと思っていたんですけど、みんなから、近い!とか言われて。

ぼくはその時は、幸いな事に好きな仕事についていたので、辞めずにいましたけど、あれ、無駄な仕事が多い部署だったら、100%辞めてますね。まぁ、でも、辞めなくて良かった。

七洋水産はぼくの家から歩いて10分ですので、これも解決。

デメリット その6 会社の黒字、赤字が完全に他人事。

ぼくが入社した会社は98年だったかな、1600億円の特別損失を出して、さらに借金2兆円とかありました。

借金2兆円。まぁ、もし手で数えたら1週間ぐらいかかるんじゃなんですかね。
特別損失1600億円。家に入らないですね。その札束。もちろん持ち上げる事も出来ないでしょう。

それでも大きすぎてつぶせない、と思って入社したんですけど、やっぱり他人事なんですよ。
利益も損も。与えられた業務をこなして、会社の名前で物を売るのも面白いといえば、面白いんですが、飽きます。

ぼくはもともと飽きっぽいので、やっぱり続ける事ができなかったんですよね。

今なんか、完全に自分事ですよ。会社の収益。もうかった、儲からなかった、とか財布に直撃。
その分、必死になれます。のんびり行きたい人は会社員でもいいかもしれません。

デメリット その7 休みがある。

土日祝日はお休み。そのうえ有給休暇の消化もする。残業代も全部でる、というぬるま湯ですけど、この休みがある、というのがデメリットなんです。

ぼくは仕事し始めたら、ずーーーーとしたいタチなんですけど、休み入ると切れるんですね。集中力が、そして、極限まで下がったモチベーションを上げて月曜日会社にいかないといけない。

土日も会社いっても良かったんですけど、わざわざ鍵あけて、仕事して帰っても、なんだかな、と思い足が遠のくんですよ。

やりたい事をやりはじめたら、いつが休みなのかよくわからなくなります。
その分家族と一緒にいる時間が少なくなりますが、時間の確保より、密度の確保です。

いっしょにいるときにぼーっといるんじゃなくて、一緒にいるときだから全力で遊んであげる。
全力で聞くし、励ます。いろいろ面白い話をしてやる。こういう方が価値的だと思うし、時間がすくないからこそできる事なんですよ。

独立起業して思うのは、すべてが自分のジャッジにかかっているし、すべてが自分の責任になる。

大企業にいると、全部上司や見知らぬ人が決めた事に従わないといけない。相手任せなうえに、今では安定もない。安定しているのが会社だけで、個人は安定していないのは、もう知っているはず。

今ならフリーランス的に働けるところはたくさんありますので、さがしてみたらどうでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA