お魚の保管方法

うちの店、七洋水産ではお魚を氷で保管しています。

この保管方法を氷冷熟成といいます。お魚は4度以下では基本的に菌が発生しません。

ビブリオ菌という海にもともといる菌がいるんですけど、その菌がお魚の食中毒の主な原因。なので魚が腐るというのは、このビブリオ菌が育たない環境に置けばいいわけです。

スーパーなどは、10度前後で保管するので、賞味期限は短いのですが、お魚の氷冷熟成では、4日目あたりが一番おいしくなります。

タイで氷冷熟成しているお魚屋は七洋水産のみ、というか、日本も含めてウチだけのはずですね。

タイで日本の鮮魚を販売しているのは、七洋水産のみです。

海外ではそういう需要があります。サラリーマン辞めて、独立してみよう。
大きな発見がたくさんあるはずです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA