タイ移住に必要な条件 ビザを取る。

タイに移住するには、前回書いた、「ビザ」が必要になります。

ビザがなければ、タイには30日しか入れません。観光ビザしかもってないので、しょうがないですよね。

逆に言えば、ビザなしでも30日入れるのですが、30日をすぎると、罰金など科せられます。

なので、30日前に陸路でカンボジアなどに行く人もいるんですね。これを

ビザラン

と云いまして、観光ビザで長く住む場合に、となりの国に一度出国して、戻ってくるやり方です。

詳しくはこの記事にありますね。リンク張っておきます。

ただ、さすがに軍事政権のタイ。最近はビザを伸ばすためだけに、カンボジアに行く人たちをチェックし始めています。

そりゃそーですね。そもそも短期滞在、観光を増やすために、30日間ノービザを日本人に与えているんですから、住むのを前提に与えているわけではありません。

そもそも、国は誰を入れて、誰を入れないか、決める権利がありますからね。

なので、タイに移住する場合、ビザを取る必要があるのですが、移住するなら大まかに4つあります。

ビジネスビザ・・・こちらで働くために取るビザ。これなら1年間有効。

こっちで働く場合は、これが必要ですね。会社勤めするなら、必須。当然ぼくも持っています。

学生ビザ・・・こちらで学生になるためのビザ。これも1年。

これはこちらで学校に行くためにとるビザですね。留学などはこのビザになります。ただ、働けないので要注意です。

結婚ビザ・・・タイ人と結婚したらもらえるビザ。更新1年おき。条件あり。

家族ビザですね。

リタイヤメントビザ・・・50歳以上で、条件を満たせば、OKなビザ。

最近条件が厳しくなるという話ですが、この話はここでは割愛します。気になる方ここをどうぞ

という事で、これらのビザを取得すれば、タイ国から滞在許可を得れます。

ブロガーやら学生なら、学生ビザが一番でしょうね。こちらで、英語の学校にいってタイ語は現場で勉強する。そうすれば、3か国語を操れます。実際ぼくも3か国語を話せますねぇ。日本語、英語、タイ語。

タイ語は必要最低限ですが、まぁ、会社運営しているので、そこそこのクラスかもしれません。

実際、学生ビザってどうやってとるのかと云いますと、学校に行くんですね。ビザ取れる学校。

タイの語学学校に行くことで学生ビザを取る、と云う事になります。

で、このビザ取得なんですが、本当によくルールが変わるので、大変なんですよ。

ぼくもビジネスビザはく奪されそうになりましたし。

海外に住む、というのは国家の許可をもらわないといけないので、それなりの覚悟がいりますね。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA