「食費」 タイで日本なみの生活を送るのは、バカ高いよ

海外で生活するにあたって、生活費というのは気になるものです。

ぼくのブログでは、タイで縛っていますけど、だいたい、東南アジアで生活する食費の価格って、どこも同じぐらいと思っていいと思います。

実際、タイで日本と同じぐらいの生活を送るとなるといくらかかるんでしょうか。

まず、もし毎日現地の食事を食べたとしますと、一食200円も出せばおなか一杯になります。

だったら、600円x30日=18000円かぁ、まぁまぁ安いな。

と云う事になりますね。

でもですね、毎日タイ料理とか食べられません。絶対に飽きるんです。日本人なので。

そこで、日本料理を食べたくて、外食するのですが、居酒屋の平均単価は一人1000バーツぐらいです。3000円が単価。

多分、高いですね。日本より。

日本だと下手すると1500円ぐらいで終わるんじゃないでしょうか?

しかも1000バーツというのは、ちょっと休めの居酒屋です。きちんとした接客などを期待する場合は、1500バーツは必要だったりします。

最初はいいんですよ。タイ料理でも。

でもタイ料理を主食にしている、つわもの日本人を僕は知りません。絶対飽きるんです。

では、家で作るのはどうかというと、まず、日本と同じようにおいしい野菜などは、手に入りません。大体タイで日本人向けに販売している野菜は、2等品で、日本に輸出できない野菜を売っているのが大半なんです。

でも、悪い事ばかりではありません。鶏肉・豚肉は日本より2割は安いですね。なので、主食は鶏肉、豚肉になってきます。

お魚は、というと、輸出入をしている私が断言しますが、安くても2倍はします。そもそも、日本の魚はスーパーで売っていません。

飲食店で刺身を食べると、完全に3倍になります。これは飲食店がぼったくっているわけではなく、その価格が適正価格だからです。

なんで、月の食費が3万バーツ、9万円とか平気でなります。移住するとなると仕事をしないと、結構大変なことになりますので、この辺は要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA