「草コイン」仮想通貨、草コインに投資?ICOとは?おすすめの草コイン取引所はどこ?本当に儲かるの?登録方法を解説!

そもそも草コインって何?

魚屋の店長は草コインに投機しています。いわゆるアルトコインです。

え?草コインってなんぞや?という方の為に、ちょっと解説します。

草コインとは、Shit Coinと言われる、暗号通貨・仮想通貨です。Shitというのは汚ーい言葉なのですが、日本では直訳されずに、どこからともなく「草コイン」という名前が付きました。

Shitをそのまま訳すと下品すぎてぼくも使いたくないので、結構好きなネーミングです。

ご存知の通り、仮想通貨の大ボスはBitcoinですね。

このビットコインは通貨でいうなれば、ドルみたいなものです。

で、草コインというのは、

〇どこのだれが作ったかよくわからない仮想通貨

〇目的があって作られているけど、今後発展するのかどうかが、よくわからない仮想通貨

ちなみに仮想通貨は全世界で1000種類ぐらいあると言われています。まぁこのうち少なめに見積もっても95%は草コインですね。

実際のところ、名前が通っているまともな通貨は、10種類ぐらいしかなさそうです。

この草コインですが、これからものすごい勢いで増えるはずです。

なぜか。

ICO、イニシャルコインオファーリングという仕組みが世界中で始まっているからです。

 

ICOイニシャルコインオファーリングって何?

すごく簡単にいうと、会社が仮想通貨を発行する事なんですよ。

詳しくはぼくのブログで書いていますがCOMSAという会社がICOをするんですね。

COMSAという会社のお仕事ですが、仮想通貨を発行したい会社から仕事を受けて、仮想通貨を発行するまでのお仕事を代行する、という会社です。

その仮想通貨の発行代行をする会社COMSAが、まず初めにCOMSAとして仮想通貨を発行する、ICOをする、という事なんですね。

そのコインを買うためには事前登録が必要です。すごく簡単なので、下から登録してみてください。買うか買わないかは別問題なので。

 

ICO 企業が発行する新しい仮想通貨を買えば儲かる? イニシャルコインオファーリングの意味を分かりやすく説明するぞ

 

ちなみに、上記のブログはZaifとCOMSの公式ツイッターでリツイートされたので、中身あっています!今からでも遅くないので、登録どうぞ。登録は終了しました!

12月7日(更新)

その後、ComsaのICOコイン、CMSは、Zaifという取引所に上場されたんですけど。。。。。

Zaif 鯖落ちがひどいんですよ。。。

 

CMSの上場日に行ってみると、安定の502エラー。

やっと入ってみると

 

なんで、こんな地味なのか?と思ったら、注文が入らない。売りも買いも出来ない。。。という状態が続いているんです。

これって取引所として、どうよ。。。という事で、Zaifはまだ入らない方がいいでしょうね。ちょっと様子見です。

12月12日現在、ですが、Zaifのサーバーはかなり改善されました。504エラーもだいぶ収まって来ていますね。

 

仮想通貨である草コインのおすすめの取引所は?

さてさて、肝心の草コインの取引所なんですが、結論から言ってしまうと、日本にはありません!!

そのうち出てくると思うのですが、なにぶん投機性が高い!!金融庁も、そんな投機的なものを上場させる取引所には難色を示すかもしれませんので、日本だとしばらくは難しいかもです。

したがって、必然的に、海外の取引所になります。

下で海外の取引所を案内しますけど、その前に!

草コインを扱う場合、ビットコインが必要になるので、国内の取引所での登録が必要になります。海外の取引所、アメリカの取引所なので、使えるのがドルしかありません。

なので、円でビットコインを買って、そのビットコインを海外の取引所に送付する事になります。

国内でビットコインを買うのにお勧めな取引所は、いくつかありますが、無難な取引所はCoincheckです。

ぼくはここで登録しています。ビットコインを買いたい人にはお勧めです。本人確認に1週間ぐらいの時間がかかりますので、まずはCoincheckに登録しておきましょう。

いきなり海外もちょっとなぁ、と思う方はもお勧めです。Coincheckはビットコインを買うだけになりますので、手数料とか目くじら立てなくていいですが、実際に活発に取引しようとおもったら、bitFlyerの方が手数料が安いので、日本語のサイトとして考えるならお勧めかもしれません。

ただ、手数料だけでいえば、絶対に海外の方が安いです。海外サイトとはいえ、売り買いするだけなので、アルトコインの取引をするとなれば、海外サイトの方がお得でね。

ちなみに、ほかは、ZaifやGMOがあります。魚屋の店長はいまこの二つ申請中で、まだ使ったことがないので、ある程度分かってから紹介したいと思います。

2017年12月12日、更新! 使い方がある程度分かりましたので、コインチェックビットフライヤーザイフについて、ここで詳しく解説します!

【仮想通貨】ビットコインを買うのにおすすめの国内仮想通貨取引所 厳選3社

 

草コインによっては、100万円が10日後には280万円?

 

さてさて、本題の草コイン投機ですけど、実際、運が良ければ、2倍、3倍は当たり前の状態が続いています。

いまどき、こういうスーパーバブリーな話ってないですよね!

まぁ、もちろん、投機なので、逆も考えられますが。。。

 

たとえばこれ。

カプリコイン?というコインですが、9月1日で10000Satoshi(ビットコインの小数点以下はサトシといいます。)でしたが、本日9月9日は27000Satoshiで2.7倍。

 

いやいや、100万円入れていたら270万ですかい?

 

もちろん僕はこのコインは持っていないんですけどね!残念!

でも、こんなんが毎日毎日あるわけです。本当に毎日毎日あります。

だが、しかーし!

こういうのは下がります。すぐに下がってしまうんです。

ただ、ものによっては、下がりきれずに半年したら、価値が100倍とかもあります。でもものによっては、半年したら上場停止で電子クズになってしまう事もあるという、良い子は手出ししない方がいい「投機」なんですよ。

もうこれは、完全に、あれです。あれ。ギャンブルです。

なぜなら、なんで上がるのか?なんで下がるのか?全然分からないんですよ!草コインって。

ちなみに、日本で一番大きな取引所は上記のコインチェックなんですが、いわゆる「草コイン」みたいな安いコインでよくわからないコインは取り扱っていません。

なので海外の取引所に登録する事になります。

代表的なものはBittrexという取引所です。全部英語ですが、なれるとそうでもなくなります。魚屋の店長も愛用していますよ。こんな感じで。

 

 

 

と、148,000Satoshiで値上がりを期待して就寝。で、結果は

 

と、それはそれは、値動きが激しいので、アルトコインは楽しませてくれますw

ま、モナコインは純国産で、草コインというか、コミュニティコイン、多くの人がどんどん使うようになっていくコインなので、この辺の価格は全然安いと思っていますけどね。魚屋の店長は。

あと、ほかに、アルトコインの種類が多いのは、Coinexchangeというサイトです。上記ではBittrexの画像を出しましたので、以下ではCoinexchangeでやってみます。

 

Coinexchangeの前に日本の取引所ランキングトップ3に登録しておこう。

ちなみに、この草コインのサイトを見ている、そこのあなた!Bitcoinを持っていますか?

持っていないようであれば、Bitcoinを入手しないと何もできません!

日本の取引所で有名なのは、この3つです。

Coincheck

bitFlyer

Zaif

本人確認が必要なので、住所などがわかる免許証などの身分証明書が必要になります。上記のブログでも触れていますが、一度に全部登録したほうが、いいです。その理由は

◎資金を分散してリスク分散させる。

◎本人確認に時間がかかるので、別の取引所に取引したいアルトコインがあった時に、本人確認待ちで、機会損失になる可能性がある。

ためです。

これらに登録、本人確認後、入金をして、Bitcoinを購入しないと、次にいけないですので、登録必須になります。

ちなみに、ハードルは相当低く、Coincheckなら5000円ぐらいからBitcoinを買えます。

で、無事に上記で登録したら、下のCoinexchangeを登録してみましょう。これ、ほんと簡単なんです。

Coinexchangeのサイトここです。

登録は相当簡単です。

Register Nowをクリックして、メールアドレスとパスワードを入れれば、登録完了。

 

 

30秒で終わります。

 

ここで重要なのは、User IDです。メールアドレスはUSER IDになりませんので、USER IDはわすれにくく、使いやすいIDがいいです。ぼくもIDわすれて困ったことがあったので。。。。

登録が終わりましたら、右上にあるMY ACCOUNTでDepositsをクリック。

右上にMy accountとありますので、そこをクリックすると出てきます。

Depositsとは、デポジット、要は入金です。ここで入金アドレスをコピーアンドペーストをして、入金させます。だいたい2時間ぐらいで着金します。

この辺英語なんですよね。慣れてくると楽なんですけどね。

ただ、Coinexchangeは、取引ボリュームが少ないのが、難点なんです。取引量が多くないと楽しめないかもしれませんが、数か月ホールドしておく、という戦略の場合は、あんまり関係ないかもしれませんね。

追記:Coinexchangeで、実際に買ってみてます!興味ある方はこちらどうぞ。

【草コイン】おすすめのアルトコイン取引所 Coinexchange.ioの使い方 

 

ここも登録ずみ、という方は、ほかにも人柱になって登録したところがありますので、こちらのサイトも良かったらどうぞ

 

【草コイン 海外取引所のまとめ】Coinexchangeなど、おすすめ海外取引所の4か所を比較。

 

 

草コインの遊び方

 

コインチェックなどから入金がすんだら、ポジションを取りましょう。ポジションを取る、というのは、買ってみる!という事ですが、ぼくは下のルールを守っています。

 

投資は自己責任ですよー。

 

1 投機するならなくなってもいい資金で

生活費とかつぎ込んだら絶対だめです。基本的に余剰資金の余剰資金でやるのが鉄則。

なにせ期待だけで買う仮想通貨。実物があるわけでもなく、単なるブロックチェーンを買うだけですからね。。。

公営ギャンブルやらパチスロとかする人は、今日10万負けたと思って、投機する感じですね。

なにせ、1000万を一晩で、しかも、Youtubeで実況中になくした人もいます。草コインではなくビットコインで。。。

 

恐ろしや。。。生活費とかいれたら絶対だめです。

2 やっすいコインをかって保持が基本

 

草コインは、1000Satoshiとか2000Satoshiとか、そういうのを買って保持が基本です。高くても100,000サトシぐらいかなぁ。

なぜなら、安いコイン、例えば200Satoshiは、0.9円ぐらい。

ふむ。0.9円なら、もしかしたら、なんかの拍子で10円ぐらいになるんじゃね?という期待が持てます。

モナコインの様にね。

でも、そんなコインを見つけるのは簡単じゃないんです。当たり前ですけどね。運よく1-2日で2-3倍になるコインを探す場合は、分散投資でしょうね。10万円x10コインとか。

3 ある程度流動性があったほうがいい

流動性、とは取引量ですね。ある程度はないと、取引所がいきなり「取引量が少ないのでもう取扱いしません!」

とかになります。そうなると、本当に電子屑になってしまいますけど、でもですね、やっぱりリスクがある商品の場合、投機的になりやすいんです。

なぜなら、「取引量が少ない→いきなり買われると価格が暴騰する」という事も考えられますので、この辺はギャンブラーの勘ですねぇ。

価格が暴騰したら、取引量が多くなる傾向がありますが、そこからロング(買い)で勝負するのは止めましょう。ぼくが見てきた草ぐさ達は、一気に伸びて、暴落するパターンが9割がたなので。。。

4 発行量が無限大とか、そういうのは避けましょう。

発行量が制限されているのかどうかは、英語のサイトを読まないといけませんが、ある程度日本になっているのもありますので、そこは一つ一つグーグルで検索してチェックです。

それと、ツイッターは必須ですね。ツイッターで情報収集をする。これ基本中の基本です。やったことがない人も、これを契機にやってみるべき、というか、ツイッターせずに仮想通貨取引をする、という方が、危ないですよ。。。チャンスもリスクも逃してしまいますので。。。

で、ツイッターするならぜひ、ぼくもフォローしてくださいw

最後に

今後、ぼくの成果についても、どんどん公開していこうと思っていますけど、メジャーな取引をしたい場合は、Coincheck

ここなら、扱っているコインがメジャーなので、まぁ安心です。

まずは、日本の取引所で腕試しをして、草コインへGoとかもありですけどね。

追記

その後、海外取引所をまとめてみました。こちら。よく読まれています。

【草コイン 海外取引所のまとめ】Coinexchangeなど、おすすめ海外取引所の4か所を比較。

 

【草コイン】ついに上場!魚屋の店長の個人トークン FUJIMINO COIN がWAVESのWalletで上場したぜ。WAVESとは何か、個人ICOは何を意味するのか、を魚屋の店長の目線で考えます。

 

【草コイン】HitBTCの使い方を詳しく解説。ここでWAVESを買って自分の仮想通貨をつくるまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA