【VALU】VAの価格について考えてみました。

【VAの価格についての考察】


現在、VA単価がJust50位である模様の魚屋の店長が、時価100位までのVAの価格を眺めて、その根拠について考えてみました。

ここでいう、VA単価というのは、時価総額ではなく、VAの単価そのものです。



VAというものに高い価値が付くのは、今の所、以下の項目が折り重なって形成されているのかな?と考察します。



〇知名度  名前聞いたことあると、かなり優位。

〇無名でも、それまでの行動が特殊だと高くなる傾向あり。

〇鍵付き内容が気になる人。もちろん内容も大事。

〇コメントがわかりやすい人。

〇なんかすごそうな雰囲気を持っている人で、実際なんかすごい人。

〇高額VAで多いジャンルは、ブロガー・投資家・実業家(社長)・IT(特にVR)が多く、その中で無名でも、自己ブランドが確立している人ですかね。

〇VALUの盛り上がりに貢献している人

〇コメントがわかりやすい人


超有名人は特に何もしなくても、VA単価高いです。そりゃそーですね。評価されてますから。



評価経済社会そのものです。残酷なまでに美しい。


でも、無名というとキツイ言い方ですが、VALU内で発言が多く、かつ内容が的確。ツイッターでも、FBでもVALUについて発言が多い方が名を連ねています。

一方、優待に目を向けてみましょう。

優待に出してよい価格がVAの基準になっているようなベクトルで、優待があるからVAが高い、という方はあまり見受けられません。この辺を全部、トータルで考えて、無名のぼくがこれ以上価格を上げる場合。。。

時間はかかりますが、小さな地味な魅力をコツコツと自分に付けていき、総花的なブランドを付けて行く事が必要かもしれません。


何事も熟すのには時間がかかるもんですね。焦らずじっくり、明日はお休み。お疲れ様です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA