魚屋の店長の主張
!!常識を疑え!!

NHKとの不利益な強制契約 契約の自由の侵害だぜ。人権侵害の放送法

ちゃーろー
ちゃーろー
N国N国ってなんかネット上じゃさわがしいっすね。しかし、NHK受信料って、ほんと、いやですよねぇ。勝手に映るのに受信料払えって、なんなんでしょうね。あれ…。
魚屋の店長
魚屋の店長
がはは!受信料なんて、ワイは払ってないぞ!
ちゃーろー
ちゃーろー
えーーー、またぁ、追い返しているんですか?かわいそうに。。。しかも、それっていいんですかー???
魚屋の店長
魚屋の店長
ふっふっふ。わいの家にはテレビはもちろん、ワンセグも、カーナビもない。受信機がないのじゃ!
ちゃーろー
ちゃーろー
マジっすか!テレビないなんて…
魚屋の店長
魚屋の店長
ネットで十分である。映像ニュースはYoutubeのAmebaニュースでも十分だ。
ちゃーろー
ちゃーろー
ですねぇ。そもそも勝手に映るのにどうして払わないといけないんすかね…
魚屋の店長
魚屋の店長
70年前の当時は意味があったんだ。
ちゃーろー
ちゃーろー
は?70年前???

放送法第4条、というか放送法はすでに制度疲労を起こしている。

1950年、昭和25年に誕生した放送法。なんと70年前の法律が、NHKとの契約を定めているのです!

お笑いです。ほんと。そりゃ当時はテレビが珍しい時代。白黒がメイン。そして放送局そのものがほとんどない時代。国民のための放送、ってことで「公共性」があるから、法律でテレビを買える裕福な層から、放送にかかる経費を徴収しよう、っていうのがこの法律。

まぁ、その時代だったら、わからなくないですよ。

終戦直後。食うに食えない時代のレベル。白黒テレビを街頭で見ていた時代ですよ。衛星放送とか存在しないし、放送局を作る金さえ集めるのが困難、国民全員が貧しかった時代ですからねぇ。

しかし、時はたち、だれでも情報に触れられるようになった21世紀。その「公共性」って本当にいるの?って話になっている。

あ、ちなみに、魚屋はNHKの番組、好きなんですよ。すげぇ古いけど、その時歴史は動いた、やら、ホテルに宿泊したらNHKのBSなんか映っていて、かなりいい番組もあるのは、まちがいないですね。

あまちゃん、なんかは、ほんと面白かった。魚屋はわざわざネットでNHKと契約を結びPCであまちゃん見ていたんだけどねw

で、これが本質だと思うのよ。広告を出せないNHKは、いい番組を作って売る努力をするのが筋であろう、という話なんだよな。今の時代。

契約したくないのに、義務化された契約 契約の自由の侵害である

ちゃーろー
ちゃーろー
いや、ほんとそうですよ。スカパーとか、そういう業者さんは営業して売り上げ上げているのに、今更どうしてNHKだけ国が守っているような事になっているんですか?
魚屋の店長
魚屋の店長
放送法っていう法律があるから。で、ある男性が、そんな契約の自由がないなんておかしい!って言って訴訟したんだよ。
ちゃーろー
ちゃーろー
すごいですねその人。まぁ、でも、いやな契約を無理やりやらされるっておかしいですもんね。
魚屋の店長
魚屋の店長
契約の自由っていうのは、法律の中でも超重要。主要な法律の一つでもある民法でも、一番最初に契約の自由が入っているんだ。近代法の原則中の大原則。それが契約の自由。基本的人権の一つだ。

契約の自由:社会生活において個人は、国家の干渉を受けることなく、自己の意思に基づいて自由契約を締結し、私法関係を規律することができるという、近代法の原則

ちゃーろー
ちゃーろー
wwwおもいっきり国家が干渉しているじゃないっすか!!!!
魚屋の店長
魚屋の店長
そう、だから、訴訟が起きたというニュースを見た時、最高裁もさすがに、合憲、違憲の判断はせずに、高度な政治的な問題、やら、裁判所の判断になじまない、とか、そういう話にして逃げるんじゃないかな?とおもったんだけどさ。結果はなんと合憲!
ちゃーろー
ちゃーろー
あいたー

そうはいっても違憲にできない事情

すごく簡単に、最高裁のいったことを箇条書きにすると、、、

〇民放とNHKと2本立てにすることで、スポンサーによらない表現の自由を確保するという行政上の考え方はおかしくない。

〇契約の自由は確かにあるが、広く国民から財源を集めて放送を行う、表現の自由はある。

〇NHKとの契約義務は、表現の自由を守るために必要な契約であり、憲法上許容される範囲である!

っていう感じで合憲判断になったんですけど、かなり無理やり感がありますねぇ。

憲法上許容される範囲ってだいたい、なんなんだよ…そもそも受信料って高いよ。ほかの有料チャンネルの方が安かったりして、なんだよこれ???憲法上は許容されるかもしれんが、一般的には許容されねーんじゃねーの?少なくとも我が家は納得いかん!

っていう感じ。これが、普通の感覚だと思うんだ。

でも、でもね。

じゃ、もし、これ憲法違反である!と最高裁がジャッジしたらどうなるか、っていうと…

☆は?憲法違反?ふざけんな!金返せ!という「NHK金返せ訴訟」が全国各地で絶対に起こるw

☆NHKはさかのぼって払い戻しをしないといけないから、そんなの当然、支払えるわけもなく、倒産。

☆3チャンネルが砂嵐化。

☆なんなら国会もそんな憲法違反の法律を放置してたのかって、大混乱。

という事で、社会的に混乱するだろうから、最高裁もそんなジャッジはできない、ってことですわ。

結局、今のところ、契約は義務であるから、支払わざるを得ないが、N国党ができるぐらい国民は不満に思っているから、ソフトランディングする必要はあるだろう。

ちゃーろー
ちゃーろー
結局、たいして見ないのに、払わないといけないんですね…
魚屋の店長
魚屋の店長
納得いかないけど、最高裁も合憲判断しているし、法律も義務になっているから、受信機を持っている以上、NHKには支払わざるを得ない。いわゆる大人の判断。なにかに忖度しているだよ。
ちゃーろー
ちゃーろー
うーん。なんだか腹立ってきた。N国、なんとかしてくれー!

という事で、そもそも放送法自体が時代にそぐわなくなっているのは間違いないでしょう。

まぁ、もう、これ、解決策は2つしかないと思うんですね。

一つ目:NHKは国営放送、という事にしてしまい、NHKが回収するのではなく、放送税という税を設立してしまう。今なら一人月100円ぐらいの人頭税がBestなんじゃないか?と思う。

二つ目:NHKを完全民営化させてしまい、法律を廃案にする。

まぁ、どっちも問題があるんだけどね。

国営にすると、国に都合がいいことしか流さなくなるし。完全民営化とかすると、じゃ、まず、リストラね、ってことになるし。民放とかわらんもの生み出しても意味ない、っていう話もあるし。

少なくとも、契約の自由を実質的に侵害している放送法は、なんとかしないといけないでしょう。N国というワンイッシュー政党が出来たことは、国会も政府も国民の意思表示と受け止めるべきだと思われますねぇ。

国会議員もこういう面倒くさい話をうまくまとめるために、議員になっているんだから、いい知恵だして、今の、「強制契約状態」を、やめさせたうえで、丸く収まる案を作り上げてほしいものです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。