魚屋の店長の主張
未分類

Youtubeって稼げんのか、研究してみたんだが…

Youtubeで稼ぐには

ここ数か月、Youtubeって本当に稼げるの?って思って、Youtubeを研究してみたんですよ。映像を見るより、文章を読むほうが好きな魚屋なんですけど、ちょっと研究頑張ってみたんです。

研究と言っても、ひたすらYoutube見る。見る。見る。という事で、たくさん見ました。ここ半年。

登録100万人以上はもちろん、数十万クラスも。なんならゲーム実況も。(ま、荒野行動だけどさw)マイナーな所も、ずーっと見て、ながら見て、頭の中で比較していったんですね。

なんなら、わたくしめ、ツイッターで最高10000フォロワー達成できて、ブログでも月間最高24万PVまで伸ばした経験があるので、Youtubeで登録者数を伸ばすのも、感覚的にはあまり変わらない感覚かなぁ、と思いながらみてみました。

で、結論からいえば、全然違いますね!これ!

魚屋がYoutuberになる事は、今のところちょっと無いな、と思うんですけど、以下の事を考えながら1年ぐらいやれば、なんとかなるんじゃね?と思う事もあります。

ま、いっても、魚屋、Youbueチャンネル持ってはいるんですけどね。あはw。探さないでね。4つぐらいしかないからw

Youtubeで稼ぐには? 動画の品質を取るか、毎日アップを取るかで戦略が変わる。

例えばですね。動画の品質が高くて、これは万人受けしておもろいなーと思うのは

ナスDの大冒険 Youtube版

なぜか、まったく寝ないで無人島で2泊3日。漁もするし家も作るし。ナスDはテレ朝の社員なので、途中、番組の宣伝とか入るのが、惜しい感じですが。

ディスカバリーチャンネル

最後の最後、鉄塔上るんですけど、頭おかしいんじゃないか?と、かなりヒヤヒヤします。ってか死ぬだろ、これ…。

この二つ。他にもあるんだろうけど、なかなか探し出せませんね。あったら教えてください!上の二つは見る価値ぜんぜんあります。ナスDもベアもすごいですねw

さて、この二つは動画品質は、所謂Youtuberとは、全く異なります!

本物のプロ、テレビ局に勤めている人が作ってます。

普通のいわゆるYoutuberを色々見て、この2つを見ると、ほかのYoutuberの動画品質、映像品質が比較できないぐらい凄くて(そりゃそうだ。テレビだもん)動画の作りこみ方が、天地雲泥の差があるなぁ、と思います。

これらは、週に一回とかのアップ。ディスカバリーは不定期なんですけど、ナスDは土曜日の夜から深夜に更新されていますが、どっちも楽しみにしています。

近い将来、Youtuberもこういうプロと競わないといけないかな、と思うと、というか既にこの局面に入っていると思うんですけど、こういった動画品質で勝負していくのは、これからYouTuberを目指そうとするなら、かなり厳しいと思われます。いやほんと。

ってか、プロに叶うわけがない、と思った方がいいでしょうねぇw

なので、Youtuberを目指そうとするなら、動画・編集品質は無視。ここでは勝負しない、という事を明確にして、数打てば当たる、毎日アップ、出来れば2本以上とか、ひたすら動画をアップする戦略をとるしかないでしょう。

Youtubeで稼ぐには じゃ、毎日アップしたときに見てもらえるのか?

毎日アップする事で何を求めるか、という事なんですが、見てもらえるファンを作るしかないんですよね。

このブログを読んでくれている人で、Youtubeしてみようかなーと思っていながら、ツイッターをしていなかったり、ブログをしていなかったりすると、その時点で既に大きな後れを取っている事になります。

当然、ツイッターやブログでファンがいれば、すでに興味を持ってみてもらえる人達がいます。最初の100人、1000人は、比較的難易度が低くなる、というのは容易に想像がつきますね。

ツイッターフォロワー10000超え、ブログもやっていて、検索ワード1位がいくつかある、という場合は、すでにファンがいるので、相乗効果を狙ってYoutubeもする、という選択は全然ありでしょう。

Youtubeで稼ぐ、というか、Youtubeもやってますよ、って感じながら、徐々にYoutubeにシフトしていくイメージ。イケハヤさんやらマナブさんみたいなイメージですかね。

まぁ、でも、彼らはYoutuberというより、講師というイメージの強くて、ブログの延長という感じですね。映像というかラジオな感じ。映像をみて楽しむ、という感じではないですし、彼らもそれを意識してないと思います。

Youtubeから初めて、ツイッター、ブログ、インスタ、と広げてもいいんでしょうけど、既に登録10万人越えのYoutuberは、1000名いや、それ以上います。

これ、何を意味するかというと、、、、

Youtubeのハードウオッチャーといえども、動画見る時間というのは限られていますので、ハードウオッチャーの人達に見てもらうためにも、その人達を押しのける企画力を付けて、見てもらわないといけない、という事になります。

ツイッターとかは、別にフォローを一人増やしても、大したことないですが、動画の時間って大体平均10分なので、多くいるお気に入りのYoutuberを押しのけて、10分間見てもらえるだけのものを作らないといけない、という事に。

個人的には、ツイッターでフォロワー3000、5000、獲得するのとYoutubeの登録者3000、5000を獲得するのを比較すると、Youtube方が10倍ぐらい時間がかかりそうですし、難易度も高そうです。

なんで、まずはツイッター、ブログ、インスタ、フェイスブックなんかでファンを呼んでくる方が、見てもらえそうですね。SNSを使う事は当たり前です。

Youtubeで稼ぐには では、仮に1000登録を獲得した場合に期待できる収益は?

収益化、Youtubeのマネタイズですけど、大きく3つあります。

①グーグルアドセンス

②個別の広告収入

③ライブでの投げ銭

①は、Youtube見れば普通に広告が出ますけど、これがアドセンスですね。1再生で0.1‐0.05円が相場と言われています。

②は、所謂スポンサーですけど、まぁ、50万登録ぐらいにならないと、来ないでしょうね。もちろん、ジャンルによっては、もっと少なくて高単価な物もあると思いますけど。

③Youtubeではライブ映像もあるんですけど、ここでの投げ銭は、バカにできなさそうです。僕がよく見ている荒野行動のゲームYouTuberは、投げ銭で2-3万ぐらいもらっています。正直、200円とか投げ銭されると、2000再生分なので、ファンが着けばね、というところです。

昼下がりのジャマイカ

荒野行動が滅茶苦茶うまいです。声もいいと思う。他にも公式YouTuberいますけど、彼の動画が一番戦略的で、うまくなりやすいと思いますね。ライブでの投げ銭がいい感じです。

ちょっと話ずれましたが、マネタイズの王道はアドセンス。

1動画で100万再生されると、10万円です。

こういう動画を10個持てば、100万円になりますし、100万再生されると、自然に見てくれる人が増えますので、チャリンチャリンと入ってくる動画となります。

そう。チャリンチャリンと入っては来るんですけど、そんな動画つくるの簡単なわけがありません!ただ、数打てば、え?これ伸びるの?って言うのが出てきます。

魚屋がいわゆるYoutuberで一番好きな番組は、

ハイサイ探偵団

なんですけど、最近上げた下の動画がバズりました。

 

今年一番のバズで400万回再生されていますけど、正直、ハイサイ探偵団はこの動画がこれだけバズるとは、全然思っていなかったはずですw

数打って当てました。おめでとうハイサイ探偵団。ファンですw

数打てばそのうちバズるんですけど、ただ、面白いのが、マネタイズ面でいうと、ブログとの比較。

よく読まれるブログ記事があったとしても、グーグルさんの検索方法の変更で一撃で枠外に吹っ飛ぶことはあるかもしれませんけど、

動画の場合、再生数が多いと、生き残る可能性が記事より10倍以上高いと思われます。

そう考えると、動画の方が安定しているかもしれませんね。収益としては。

で、1000登録者が出来たとして、1000回再生されるとして、100円です。

100本作って、1万円が目安。1000回で再生がきっちり終わる事もないでしょうから、もうちょっと入ってくると思うんですけど、その難しさが数字でわかると思われます。

ハイサイ探偵団も毎日アップしています。頑張れハイサイw

Youtubeで稼ぐには んで、登録者数1000超えて、毎日2本上げるのを目標にした場合、コンテンツどーすんのよ?という事

これなんですよ。コンテンツ。映像の内容。

ぼくは嫌いなんですけど、過激な企画でバズらせる、というのは、確かに手っ取り早いです。

が、が、が、ですよ。あのですね。過激な映像で集まった視聴者さん、リスナーさんは、次も期待する、という層になるはずなんですね。

なので、ずーーーーと過激な事をしないといけなくなるはずなんですよ。

祭りに行って、テキヤで当たりがあるか、全部買ってみた!

とか、これやると、それやって揉めるのが好きな人達が登録してくれるかもしれませんし、なんか見てみようかな、って再生数は増えると思うんですけど、飽きられるのも絶対はやいwww

そして、次なにするよ?っていう話になるw

そんでもって、あほなYouTuberが、宅配便の配達員にチェーンソーを突き付けてみた、とか、あほな映像上げて、捕まったりするんですよ…

これからYoutubeをしようかな、と思う場合、毎日上げるネタが必要になるので、コンテンツ選びが超重要になってきます。

Youtubeで稼ぐには 続けやすいコンテンツを考えると、既に大御所がいる世界が出来ている

続けられるコンテンツを考えた場合に、参考に出来るのは、我らのテレビ東京の番組ですw

〇釣り番組

〇料理番組

〇旅番組

〇健康番組

〇スポーツ番組

〇時代劇

彼らは延々とこういう番組を作っているんですけど、続けやすいんですよね。釣りなんか海岸線があれば、どこでもできますし、料理なんかも何万種類もありますし、どこかに行けば旅番組。

僕がテレビ東京おもろいなーと思うのは、誰もが知っている芸能人で、ギャラが安そうな人を選んでくるところです。

旅番組とか、元横綱とか、出てきますよね。みんな知っているけど、ギャラ安そうですw

ちょっと話ずれましたけど、こういうコンテンツは、もうすでに抑えられているので、組み合わせてやるしかありません。

釣りしながら、釣った魚をその場で料理して、食べつくす、とか

旅しながら、キャンプする、とか

健康に気を使いながらスポーツして健康な体を作る、とか

こうなってくると、面白いんでしょうけど、時間はかかるし、一人じゃ編集が厳しいし、毎日アップ不可能、ライブと組み合わせながら、という感じになってきますが、やれればファンが付きます。

サバイバル系も面白いと思います。きちんと許可とって無人島でナイフと釣り具で生活してみる、とか、山にもこもって狩猟してみるとか。ここではナスDとかベアとかと張り合わない事です。ファンに見せるだけですね。

YouTuberで稼ぐには 日常感を出しながら、個人のファンを作る、芸能人と同じ事をするしかない

まぁ、もちろん、他にも赤ちゃん、幼児向けとか、開封の儀とか、漫画動画系のフェミル研究所とかありますけど、ユーチューバーを目指すというのは、芸能人になる!と同じぐらい難しいのかもしれません。

なので、ユーチューバーを目指す、というより、ブログやらツイッターの補完でユーチューバーもしてみるとか、そういう使い方をする中で、Youtuberとして自然と育っていく、という方向性の方が使い勝手はよさそうな気がしますね。

え?FX動画とかはどうよ?って?

時事ものは、ずーーーーと時事を追わないといけないので、大変ですし、再生回数が伸びませんね。向いてないと思います。100歩譲って、動画で解説系でしょうけど、すでに掃いて捨てるぐらいありますしw

ブログでブランドが出来ている人はやっていいと思いますけど、やっぱり補完的になるでしょうねぇ。

結論

Youtubeでいきなり稼ごうというのは時すでに遅し。Youtubeを使って、今持っている自分のメディアを育てよう、の方がいい

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。