魚屋の店長の主張
雑記

日本はもうすぐインフレになるだろな

ここ最近の日本を外から見ているとですね。

〇外国人が2000万人も来るようになって、街の中外国人だらけになっている。

実はこれ、海外で日本食ビジネスをしている飲食店は非常に困った状態なんですよ。。。

なにせ、寿司、刺身なんてものは、お魚に航空運賃を払って海外に持ってきているわけなんです。なので、海外の寿司屋は日本よりも高くなって当たり前なんですね。

うちの取引先なんて大トロ3切れ4500円とか、とてつもない価格で販売していたんですけど、最近はそういった高級店が、なんと50%オフとか出しています。

17553501_1474722069213951_2320956982977942069_n

どうしてそんなことになるかというと、そこそこお金持っているタイ人たちが、日本に行きだしたのです。4500円の大トロを5人で5皿頼んでいた人たちが、22500円を飛行機代に追加して日本いったほうがいいじゃんって。

こうなると、タイ側の飲食店には打撃ですが、日本側の飲食店は大儲けでしょう。なにせ安いんでもん日本。

外国人を呼び込んで、価格上げる飲食店が日本で出てもおかしくないですね。ぼくが飲食店のオーナーだったら、旅行会社に行って、契約して特別メニュー作りますよ。金持ってますもん。外国人。

人口が減っている日本ですけど、日本列島に存在する人間の数は、かなり増えているんです。

日本政府観光局のWEBサイトによると

2005年の訪日観光客の総数は、520万人。
2016年の訪日観光客の総数は、2400万人。

なんと、5倍近いんですよ。月200万人も来ているんです。外国人。その人たちの滞在日数はわかりませんが、食品でいえば、200万人が月、平均5日間いるとすると、月間、1000万食以上も増えているんですよねぇ。

日本はデータがしっかりしているから、統計見て作戦立てて、うまく行けば大儲けだと思うんだけどな。タイ人とか10万人ぐらい毎月日本に行っているみたいだから、タイ人向けの旅行プランを立てて、バス借りて、飲食店巡りをさせればなぁ。

博多の屋台とかと組んだら、タイ人大喜びだろうな。屋台も自分でやってそこでも収益とれるし。結構簡単かも。

〇円相場も80円~110円まで高騰。

110円まで高騰する、ということは、30%も原料価格があがっているわけですよ。

ぼくは2010年から2013年までタイに駐在していて、3年間で日本に帰ったのが確か2回ぐらいだったのですが、弁当の質とコンビニのツマミの重量が相当落ちたことに、かなり驚きました。

価格を上げないために、量を減らしたんです。メーカーは。それだけデフレ圧力が強かったのと、メーカーの営業マンの売る力がなかった。強いて言うなら食品メーカーの経営者が無能だったんですね。値上げできなかったんです。

いま、重量をこれ以上減らせないところまで来ています。150円のチーズ買ったら3-4個しか入ってないとかありえんやん。。。これ以上円安になったら、確実に食品価格はあがりますね。

〇物流費の上昇。

クロネコヤマトが値上げしますよね。あれが、もしクロネコヤマトの経営者の作戦なら、物凄い優秀です。新聞使って、同情させて、値上げしますの一連の流れ。広告費や告知なんか新聞がしてくれて、同情させて値上げを認めさせる手法。

最初に未払いの残業手当を支払うという事でニュースになり

過酷な再配達がその原因であることをTVを通じてクローズアップさせて

再配達をさせて経験のある人達は、なんか申し訳ないなぁという気持ちになり

ドライバーの人手不足を報道させて、賃金が上がっている事を知らしめて

アマゾンに対して値上げの要望を出す。

アマゾンは断りにくいですよね。なんか世論がクロネコの味方みたいな雰囲気が出来上がっています。ここ半年で。多分、たまたまだと思うんですけど。

物流費というのは、ボディーブローのように聞いてきます。たかだか500円ぐらいの値上げをしても、積み重なると、すぐに数万円。店頭に物を運ばないと、商品は売れませんので、物流費が上がるというのは、経営的には相当痛いのです。

いろいろ他にも理由はありますが、じわじわとインフレが起きてくるでしょうね。日本。お金貯めていてもしょうがない時期が早く来るといいですね。景気が良くなりますので。という事でセッレオクラップ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。