東芝に何が起こっているのか、超簡単にまとめてみた。 サザエさんとか呑気な事言っている場合じゃない。

東芝の決算は明日ですね。出せるのか、決算。。。WH破産させるのか?とりあえず、先延ばしか?に焦点が当たっています。

すにに、

〇原発事業で8000億円の損失。

〇LNG事業で2020年から40年までに、1兆円の損失リスクあり。

おいおい。たった2行で、約2兆円も損するのかよ。大企業すげえ。ある意味、ぼくもそれぐらい損してみたいよ。2兆円とか、多分ぼくの家に入りきれない現金の量だな。

サザエさんの東芝がどうなるのか、記事をたくさん読んだので、まとめてみます。

そもそも何が起きているかというと、わかりやすく説明しますね。

〇WH社は原発会社。新しい小型原発を設計した。

〇東芝は、WH社の新原発がほしくてWH社を買った。

〇米国・中国の電力会社から注文が入った。イエイ!

〇受注後、米国の原子力規制委員会で新原発に対して待ったがかかる。

〇それで、設計しなおし。←これ元凶。

〇Yes,we can,設計作り直したけど、俺たちは出来るぜ!

〇でも、実際作り始めると、現場では作れない事が分かった。

〇でもWH社は東芝にそれを隠した。

〇隠しきれなくなって、6000億円ぐらいコスト増ですが、と報告。←イマココ

新原発の特徴は、小さな敷地でたくさん電力が作れることなんです。だから、設計段階で配管とか、ないスペースにぎっちりつめこんじゃたんですよ。

そうなるとどうなるかっていうと、現場では、配管つなげないといけないけど、詰め込みすぎて、作業員が作業する作業スペースがない、とか、平面の設計図ではいけるんだが、立体的な現場では、配管が邪魔だから曲げないといけないとか、そういう事が起きてるんです。

で、これからの見通しなんだけど。

〇現場が超苦労しながら作っているのはかわりない。

〇でも設計通りにできない。時間がかかる。当然コストがかかる。

〇予定通りの納期で納品できない。

〇2020年までに作れば、法律で設定された電力会社向けの節税の時期に間に合う。

〇が、今2017年で3割しかできてない。

〇ちなみに、作り始めてすでに4年経過。

〇残り3年で、残った7割作れるとか考えられないし、無理に作ったら欠陥原発になる可能性大。

〇という事で、2020年までに作れない事はほぼ確定。この時点で節税ができない電力会社からの訴訟ありも確定。

〇WH社を今破産させるのが一番安い。←多分今日もこれでもめているはず。

〇破産させたら、米国・中国の電力会社はブチ切れるでしょ!

〇ちなみに、親会社である東芝がWH社に問題があった時に金支払う契約をしている模様。

〇という事は、東芝は、WH社破産させても金払う。WH社続けても金払うという、トンチの利いたカツオも冗談が言えない状況。

〇もしかしたら東芝は日本で、破産法適用になるかもしれない。

ってかね、これ、やばいんですよ。東芝倒産すると。絶対、日米・日中の政治問題なる。

というのも、原子力事業なんて、これ国家のエネルギー政策ですよ。数千億円かけて作る原発が途中で止まるわけですね。アメリカにある日系原発会社が倒産する事で。もちろん、各国の電力会社は即日東芝を訴えますよ。そういう契約になっているはずですので。

そうすると、それ払うために、東芝は虎の子のメモリー事業や半導体事業をうっぱらったところで、もう何にも残らない。東芝系列20万人の社員や取引先もヤバい事になりますが、 日本政府としてもノーダメージですまない。東芝ショックが起きます。

もう、トランプさんとか、日本からしてやられた、数千億円支払わねー!とかツイッターでやられるわけですよ。政治問題にされて、軍事費全部払えとか、関税さげろとか、米国民にわかりやすく攻撃してくるはずです。もう目に見えてる。。。

中国も中国で黙ってないですよ。ふざけんじゃねー金返せって言って、全然関係のない中国の公共工事を請け負っている日系ゼネコンに金払わないとか平気でありますから。いうても共産党の一党独裁国家。なんでもやれるんです。

ODAとかで、海外にお金渡して、日系企業が受注して、代金支払ってもらうという、最近は批判の多い国内の公共事業費を落として、聞いた感じ美しいODAという名前で、海外で公共事業していますからね。日本は。でも、そういったODAでやっている海外の公共事業も、政権変わったら、前の政権がやった事とか知らんよ!って言って、金払わんとか、本当にありますから。

東芝がやれることは、主力事業であり、技術の塊である半導体事業、メモリー事業を切り離して、海外に技術を持って行かれないようにすることと、あきらめずに稼ぎ続ける事。

あ、ちなみに、LNG事業という爆弾も抱えているんですよ。東芝。LNGの買い取り契約を2020年から20年間契約しているんです。

でもね、東芝は自社でLNG使わないんですよ。これ売らないといけないんです。

以前の会社にいたときに、まだ当時の会社はLNG部隊があってですね。契約が決まればその年は楽勝で儲かるんですけど、決まらなかったら大赤字。やることもないから白い目でみられる部隊がLNG部隊だったんですよ。

そりゃ毎年の価格取り決めの際は、寝ずに交渉ですよ。産地と。それを日本の電力会社に販売するわけで。それぐらい、緊張感と迫力のある交渉を毎年するんですが、東芝にそういった専門家がいたのかどうか、かなり疑問です。

相場のあるLNGを20年間買い続ける契約をするとか、魚屋の店長でも考えられない。大体、相場は損するものなんですよ。商売の場合はそういう認識じゃないと、大損こきます。

だから、ぼくは株はしないんですけど、正直、東芝は、もう空売りしかないですな。儲かっている会社をどんどん切り離していて、本体に残っているのは、原子力とLNGしかない、という感じになるのでは?

ってか、もしかしたら、先に東芝を破産させるかもしれんぞ。。。要注目。東芝!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA