魚屋の店長の主張
!!常識を疑え!!

Kazmaxとイケハヤを比べてみた SNS時代のあたらしい商売の形 

何ていうんですかね。この新時代感。

月商1億円の売上って、そう簡単には作れませんよw

魚屋の店長はKazmaxのファンで、単純に面白いなwと思うんですよ。この募集も確か8月5日までなので、参加される方は急いでくださいねw

すでに3333名を超える人が参加されています。

本当に変わったなーと思うのが、3日間ぐらいで月商1億円以上、年10億円を超える商売が、インターネットで出来ちゃうところなんですよ。

こんなの、魚屋が20歳の時、今から21年前とか、全く考え付かなかったこと。完全に世の中変わったなーと思っています。ほら、イケハヤさんも

 


イケハヤさんとはブロギルでもお世話になっているんですけどね、まぁ、この二人は、本当に両極端のビジネスで。

Kazmaxさんは、相場師。日本の機関投資家レベルと言ってもいいでしょう。実績も出している。

やっている仕事は、相場。必死になって勉強して今の実力を手に入れています。なにせ、36500時間も使っているんですよ。相場にw

相場は、資本主義そのものみたいな部分があって、短期間でガツンと資産が増える可能性のあるビジネスですけど、それだけに失うのも多い。資金を失ってしまう事はもちろん、時間も、人付き合いも、相場に向かっている間は何もできませんしね。

一方でブロガーであるイケダハヤトさん。

ブログは相場と違って、自分の都合で出来ますし、何よりコストかかりません。資産は相場師のように爆発的に増えないものの、続ければ、地味に確実に増えます。

この方も、切れ味するどい論調で、一日5記事とか平気で更新し、今やブロガーズギルドで5000名以上の方を一つのコミュニティにしてしまった人なんですけど、10000記事とかいってましたね。ブログ記事数w

この人も使っている時間は同じぐらいでしょう。いやそれ以上かもしれない。

この両極端のビジネスと言っていいでしょう、二人を見て思うのは、世の中の第一人者で、時間をかけていない人は存在しない、という事。ただ、時間をかければ、誰でもそうなれるか、と言われるとそうでないのも、冷酷な事実ですけど。

何事も、没頭する事から始まるのを、まざまざと、見せつけられているんですけど、結局SNSの新しい商売の形なんですよね。これって。

魚屋は相場師よりも、たぶん、魚屋とブロガーが向いていると思うので、ちょっとまたブログでいろいろ情報発信していこうと思っていますw

Kazmaxのサロンに参加したい方はこちら

ブロガーズギルドに参加されたい方はこちら

それじゃ、カポーンw

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。