「進撃のトランプ」 マジで公約通りやってやがるぜ!実行力No1じゃないのか?民主主義全開だぜ!

いやー、矢継ぎ早とはアングロサクソンの彼のためにある言葉か?

すごい勢いで大統領令出しまくってますね。

〇メキシコにリアル壁を作る。金はメキシコ出せ!
〇オバマケア、見直し!
〇TPP、永久に交渉しない!

そして今回の

〇イスラム教徒の入国禁止措置。

他にも

〇「クエスト」  30日以内にISを壊滅する方法を出せ!

〇カナダからメキシコへのパイプラインの設置。

〇中絶費用提供金額の削減。

いや・いや・いや・いや

すごいじゃん。ここまで有言実行とは、アメリカ人もびっくりだろ。

言うてもさ、あの公約をマジでするとは思ってないじゃない?しかも、この速度、これだけの短期間で大統領令を連発するとは想像してないよ。

最初は地ならし、議会の運営を見ながら、波乱が無いように、ローギアから始めるでしょ、普通。

でもトランプ大統領は違った。

海外とのやりとりやら、軋轢やら、全部無視!これだけ自由にアメリカを動かせると、痛快でもありますねぇ。

まぁ、これ、外交じゃなくて、内政なんですわな。

文句言うなよ!これは全部、内政なんだよ。

アメリカ大統領は、大統領令というのが出せるんです。これが最強の権力。議会の承認とか関係なしに、行政のスタッフに対して、命令できるんです。ボスとして。

で、公約通りに、イスラム圏を中心とした国々、そして付け加えるならば彼が事業を行っている国以外の国民に対して、入国させない措置を取り、世界中が大騒ぎしています。

この措置でいくつかの航空会社や旅行会社に大きな影響が出るでしょう。アメリカの裁判所が、ビザ持っている人にとっては無効!!と言ってくれたので、多少は収まるかもしれませんけど。

しかし、まぁ、就任早々、これだけ公約を実現させようとする人も珍しい、というか聞いた事ないですね。すごい実行力です。

ちなみに、大統領令に対抗する手段はないのか?というと、ある事はあるんです。

民主党と共和党で成り立っている議会ですが、議会には予算執行の議決権などがありましてね、大統領令を無効にすることもできなくはないん。

ただ、結局最後にトランプ大統領がサインしないといけないので、どこまで議会の決定が通るかは、全く不明。

ただ、世論が大反対なら、彼も聞く耳持つかもしれません。

トランプは話せば分かる人間である事は、電話外交やら英国のメイ首相との首脳会談でも見て取れます。

なんというか、内弁慶的なんですよ。基本的に人見知り的な感じがします。

人見知りの人って、知っている人には言いたい事いいますけど、よく知らない人には、あっそうですかぁ~?みたいなところがありますが、あれだけメキシコの事バカスカ言っておきながら、電話会談には応じるところや、NATOは時代遅れだとか言いながら、英国言ったらNATOには言及しないとか、そんな節が見え隠れしています。

ある意味、分かりやすい人なので、この人は、外交で失敗する可能性はありますね。実際、内政問題である難民入国の受け入れ問題が外交問題に発展していますしね。

目が離せない、トランプショー。次は関税が焦点でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA