魚屋の店長の主張
未分類

【DZCトークン】化けるか?DZCコイン!?

まぁ、のっけから、射幸心をあおるDZCコインですけど!

魚屋はもともと、草コインが好きなのです。夢があります。ただ、最近では、詐欺も多かったりICO割れしたりと、ちょっと悲しい雰囲気。それだと毒草コインですからねぇ…

まぁ、それでも実力のある草コインはタクマシク育っていくだろうと思っています。その一つがDZCコインかもしれない!

では、そんなたくましく育つ草コインの条件とは。。。魚屋は次の4つと考えます。

〇会社が存在し、開発者が顔出ししている。

〇そのコインを持ちたい人や持っている人多い。コミュニティーがある。

〇White Paper(事業計画書)とRoad Map(事業の締め切り日)がある。

〇コンセプトがしっかりしている。(実需がありそう)

で、このポイントを中心に、わかりやすく、説明しましょう。草コインDZCトークンの魅力を。

DZCってなんなの?

 

DZCとは、D-Zone Coinの略。D-Zoneって、Dream Payというブロックチェーンを指すのかな?と魚屋は勝手に思っています。

は?なに?Dream Payって何?というそこのあなた。

これ、ブロックチェーンの名前なんです。

あまり聞きなれない、Dream Payという名前。BTCもETHもADAも、それぞれ異なるブロックチェーン技術が使われていますけど、Dream Payは、ETHを使ったブロックチェーン。ETHを改良したブロックチェーンをドリームペイと呼んでいます。

これ、韓国のDream Nidaっていう会社が開発していて、2018年3月に韓国のブロックチェーン産業部門で簡易決済部門の大賞を受賞しています。

Webを見ればわかりますが、会社があって顔も出してますね。魚屋の最初の条件をクリアです。代表の韓国人も下手な事は出来ない立場の模様。

韓国も、ご存知の通り、ブロックチェーン技術が盛んです。

詐欺のICOも多く、韓国でも規制がかかりそうな雰囲気もありましたけど、さすがに大賞受賞という肩書で詐欺はなさそうだ、と思います。顔出しもしていますし。何より詐欺するより普通に開発したほうが、割が合うはずです。

ちなみに、この会社、Dream Payというブロックチェーンで作られたシステムを使ってですね、次の事をしようとしています。

〇海外に行っても両替不要の仮想通貨の開発

〇送金をスマホで瞬時に行う。(すでに開発済み)

〇お店のカード決済の手数料を安くする。カード会社の代替え

いまの仮想通貨、例えばビットコインだと、送金に10分とかかかります。現金や電子マネーの方が便利ですね。それを仮想通貨でも同じようにやっちゃおう!という事なんです。

でも、それなら、スイカでいいじゃん?電子マネーでいいじゃん?っていう話ですけど、この会社は世界中でDZCを使えるマーケットを作ろうとしています。

ここが仮想通貨ならではな所ですけど、世界中どこでも使えるようにしたい、という事なんです。為替差額や両替手数料を安くしたい!という事です。

最近は、下手すると国内旅行より、海外旅行の方が安くいけるぐらい、海外に気軽にいけるようになっているんですけど、海外に行くと両替しないといけません。

当然、両替なので、円高、円安の影響も受けるし、そもそも両替に時間がとられます。空港のスプレッド、両替手数料とか、半端なく高いです。海外でカードでも切ろうものなら、10%ぐらい手数料が取られたりします。

これを仮想通貨でもっと安くできるように、解決しよう!というコンセプトなんですね。

これが所謂White Paperになっています。

 

肝心のWhite Paper、いわば、コインの事業計画書、コンセプトです。

ドリームペイというブロックチェーンから、DZCトークンを作り、この二つを掛け合わせて、送金に時間のかかる問題や、価格の変動に対応して、実際に決済に使えるようにしよう!というのが、DZCコインなわけです。

Visaカートやマスターカードのようなイメージですね。

送金手数料とかはどうよ?

ここですね。意外と馬鹿にならない、送金手数料。

海外で物を買う場合、Visaでもマスターカードでも、為替両替のために3-10%ぐらいとられますが、DZCの場合は、総額0.5%が送金手数料だそうです。

これ、価格が安定して流行ると、Visaもマスターも頭痛いでしょうね。まぁ数年ぐらいかかるかもしれませんがw

あと、盲点なのがお店側。お店側は大体、2.5-3.0%ぐらい、売上からカード仲介手数料を持っていかれますが、これもわずか1%になるようです。

事業主でもある魚屋は、このコインが流行れば、取り扱ってみてもいいかな?と思っていますね。ここ結構なポイントです。実は。

すでに、韓国国内では1万店舗以上、営業をかけているようです。もちろんフランチャイズ店も含まれているようですが。この辺の営業力には、期待したいところ。タイ、フィリピン、米国にも進出予定。

うまくいくと、DZCコインの価格も上がるかもしれません。

Walletはあるの?

このトークンの本気度が伝わるのが、スマホWalletの存在です。Wallet開発するのも無料では出来ないです。これ、すでにアップルストアでダウンロードできます。

これです。

あるんですね。ま、無いと困るのですがw魚屋はすでにダウンロードしています。プレセール買おうかどうか迷っているからですw

とりあえず、ダウンロードは無料なので、もっていてもいいと思います。

App Storeで Thedreampay と間をあけずに入れると、出てきますので。

Road Mapはどうよ?

 

6月にプレセールを行うのですが、大きなポイントが、なんと7月にコインエクスチェンジへの上場が決まっています。BTCやDogeで取引できるんですね。

すでに上場が確定しているのは、大きな魅力。ただ、ICO割れがおきない保証はありませんが、ここまで顔出しして、アップルストアにWalletまで出して、ICOでお金集めて、おしまい、という事があるのかな?と思っています。

ここからは、想像です。草コインは宝くじですしね。

もし、相場師魚屋が、もしICOして、上場させるなら、

ぜったいに介入しまっせw

あんまり大きな声でいえないけど、魚屋ならねw

チャート職人雇って、チャート作ります。BTCの様にイナゴタワーを作ることはしませんが、株レベルで安定的にチャートが推移するように、介入しますね。違法ではないので。

つまり、上場直後、ICO割れしても、時期を見て、価格戻すと思うのです。そういう草コインは今後、多くなるはず。沢山の失敗例があるので。

まぁ、もちろん、DZCがするかどうか、知らんけどwでも、顔出して大会で賞とっていて、期待は出来そうです。筋肉コインやドージコインよりも、多分有望w。

草コインは、コインを作って上場して、あとは人任せ!という状態から、上場して介入して価格変動を抑え、取引高を上げる、という方向になっていくと考えています。

ただ、最初はAir Drop分を消化しないといけないので、この辺難しいところですね。魚屋なら、上場直後にAir Drop売却分を消化してから、チャート職人稼働させますけどねw

コミュニティーはあるのか?

実はあるんですね。これ。Air Dropやっていましてね。

エアドロップサイト(既に終了)

個人的には、なんか成金的なサイトで、これどうよ?と思ったりもするんですけどw。

最終的に27000人ぐらいが参加しているようです。Air Drop。無料でちょいともらえているみたいですね。27000人が相場に参加する、という事です。なかなかです。

エアドロップって結局、広告なんですよ。知ってもらうためのね。残念ながら魚屋の紹介が遅くて終わっちゃっていますが。すんません。

販売はいつするんだよ?

 

執筆時には既に始まっていたりしますが、イーサウォレットが必要です。

ICOの参加の仕方ですが、この記事が一番わかりやすいので、乗せておきます。飛んでみてください。魚屋がこの記事作るより、こっちの方がわかりやすいです。

DZCトークン 購入方法

DZCのクラウドセール(一般向け販売)は第1弾が6月1日~6月7日、第2弾が6月14日~6月21日、第3弾が6月28日~7月4日の予定のようです。

ちなみにD-zoneコインのWEB Pageはここです。

公式ページ

さて、夢のある草コイン、DZC。魚屋これが流行ると日本円やらバーツやらシンガポールドルやらあんまり関係なくなるので、いっちょう買ってみようかと思っていますw

あ、でも、余剰資金の余剰資金ですよ。投資は自己責任でw

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。