「キンドル出版」 縦書きの本を作る。ワードを使ってEpubにする方法 

しつこくやるよ、キンドルシリーズ。

アマゾンさんよ~。ぼくはこれで勘違いしましたよ。。。 

 
jp_

出版にかかる時間はほんの数分
 

おーーーい。んなことないよ。横書きの場合に限る!言ってほしいね。マジで!

さすがは、アマゾン。米国企業。縦書きについては、特に大きなフォローなし。

え?縦に書く?そんな言語あるの?マジで?英語とかそんなんないけど、何か?

みたいにスルーなんですよ。 ぜんぜん、補足資料がない!縦書き入れるのにも、今日4時間以上費やして、ようやく、多分?作成できたはずです。本日2日20時ごろに、確認可能になるはず。

ぼく自身の忘備録もかねて、まとめてみます。縦書き出版考えている方は、このシリーズ助かるだろうなぁ。

まず、書いたものを準備します。

もちろん、書かなきゃ始まりませんから。ワードで書いたものです。せっかくなので、今回キンドルで出す小説を使ってみましょうかね。

23

こんな感じで、文章がありますよね。で、このままキンドルに出すと、横書きになってしまいます。

実際、Amazon様もそれ、触れてます。Wordについては、縦書きやルビなどはサポートしてませんっ!て。

jp_help

それでどうすれば縦書きになるのか、というと、拡張子を変えないといけません。そこで調べまくって出てきたのが、このサイトです。

com_

電書ちゃんのでんでんコンバーター

ここに、先ほどのワードをアップロードしたいところなのですが・・・。できません!

なので、テキストに先ほどの文章をコピペします。

そのままコピペです。

38

作者の許可を得て、途中まで読めるようにしています。

んで、このテキストをコンバーターのアップロードしてね。のところでアップロードします。そして、わすれないようにページ送り方向を右から左、縦書きをチェック。

com_
そして、EPUBをプレビューするにもチェックを入れて変換すると

com_

 こうやって、変換後の状況がわかるプレビューが見れます。

com_preview

こうやって縦書きになった、文章が出てきます。いっしょにEPUBもダウンロードされていますので、それにローマ字で名前を入れて、キンドルにアップすれば、出来上がり!という感じです。

ルビとか打つ場合は、{七洋|ななよう}とかでルビを打つとか、結構簡単に作業できます。

相当ざっくり説明しましたけど、改行を入れたり、見出しを入れたりするのも、このサイトで可能です。

小説やらブログの書籍を縦読みにしたい方は、ぜひこちらでやるといいです。

ここまでたどり着くのに、4時間ぐらいかかりましたから。これみれば、ほんの数分で縦型可能です!

いま、キンドルに上げているので、しっかりできている事が確認できれば、新作の解放がはじまります。

楽しみだ!

え?表紙が作れないって?そんなあなたに、ぼくのキンドル奮闘記を差し上げます。これで、表紙も簡単につくれますよ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA