【ビットコイン相場】 価格は成行で決まる。板情報と大口の稼ぎ方について

今回はビットコインの相場の板情報について。板の意味と、急騰、急落の原因、大口の稼ぎ方を世界一わかりやすく説明しますよ。

今年に入って魚屋のツイッターは、社会派的な話はだいぶ向こう側に飛んで行ってしまって、ビットコ相場ばかりになっていますけど、おかげさまで随分とフォロワーさんが増えました。

で、DMもらったり、質問がきたりするのですけど、やっぱり初心者がすごく多くて、意外とこれは知られてないのかなーと思うのが、板情報と大口のやり方なんですね。

板、って指値で入れる奴ですね。これです。

Bitmexでいれば、サイズです。これが板ね。板。

指値でいれるものです。これが板なんですけどね。ここで質問です。

どうやったら、ビットコインの相場価格は変わるのでしょうか?

は?んなもん、当たり前の事…「誰かが売り買いするからや!」

そうなんですよ。簡単ですね。で、それって、つまり。

成行

が価格を決めていく、ってことなんですよ。

相場価格は成行で決まります。

これ別にビットコ相場だけでなく、株も、為替も、すべて成行で価格が決まっていくんですねぇ。

でね、板情報ってあるんですよ。さっきのBitMEXの板情報を大きくしてみると、、、

左の買い板は9568.5ドルまでに、約349枚の板があることが分かります。

右の売り板は9600.5ドルまでに、約386枚の板があることが分かります。

これみると、ある程度の価格操作ができるんです。

つまりですね、386枚の「買い」を、成行、出だすと、9600.5ドルまで上がる、という事なんですよ。

価格を操る大口は、有力な取引所に資金を置いて、一斉に成行をだして、価格を動かします。

BitMEXは、たったの400枚の成行買いを入れたら、20ドルぐらいBitMEXの価格は動く、という事なんですよね。

ちなみに、仮に、400枚入れたとしましょう。

そうすると、どうなるかっていうと、一瞬で9600ドルまで上がるんですけど、その成り行きが成立した瞬間9568ドルから9600ドルまでに、買い板が無い!という事になります。

だって、指値を入れる暇がないじゃない?1秒ぐらい。

9600ドルまで上がったら、買い板は下のようになります。

9600.5ドル 16枚(400枚ー386枚)

↕この間に板が無い。

9584.5ドル 180枚

こうなります。で、次の瞬間もし、30枚の売りが成行で入ると、、、9600の板は消化され、9584ドルまで真空なので、結局、価格は9584.5ドルに戻っちゃうんですね。

面白いですよね。方や400枚も使って20ドル上げたんですけど、方や30枚、10分の1以下で、20ドル下げる事が出来るって。

これが、急落時の急騰の原因なんですよ。

がつーーーんと下がったぁ!と思ってショートぉってしたら、がつーーーんと上がる。

底でショートしちゃってあえなく、敗退。。。なんでここで、このスピードで戻すんや!!!!というのは、簡単なんです。板が無いから。大口はそれを狙ってます。

そして、板を知らないが故に、こんなにもリスキーな所でエントリーしちゃうから負けるんですねぇ。

でも、このブログ読んだ、そこのあなたは、もうイナゴは怖くてできなくなるはず。少額で価格を操れるんです。急騰、急落時にイナゴすると、簡単に焼かれちゃう理由が分かったんですから。

ビットコインの相場がなぜ荒れるかというと、この板が少ないからなんです。

為替や株は、こんなに動きません。なにせ、取引量が違う=板の量が違うので。実は初心者にもまだ優しい相場かもしれませんね。株・為替は。

ちなみに、こうすれば、儲かりますよね。

〇Bitfinex、BitMEX、bF、各取引所で、買いを3000枚入れておく。

〇各取引所で上下動かしておいて、売り板が少なくなるポイントを作る。

〇一斉に、500枚買いを入れて、価格を上げる。

〇その後、横横にして、3000枚x3を消化。

すると、値幅20ドルx3000枚x3なので、180,000ドル、約2000万円を瞬間で稼ぐ事が出来ます。

これ、万枚にすると、10倍、2億円です。メチャメチャ簡単に説明しましたけど、大口はチャートを作りながら、これやっているんですね。すごい人達ですよね。

で、これができない一般投資家はどうすればいいのか?というと、大口が作ってくれるチャートを読んでいくしかありません。もうこれだけです。なにせ価格は成行で決まっちゃうんです。ならば、チャートから先を読んでいくしかありません。

魚屋はほかのブログでも簡単に説明していますので、是非、読んでみてください。セッレオカポーン。