キンドルの表紙を作る 作り方が難しい。どうやって作るか、解説!え?そんなの要らんって?

やっちゃいましたよ。新年、いきなり、ひと仕事。

キンドル出版。

は?あんたのブログで出版するの?あほなの?

うるさい!ぼくじゃない!ちがうよ。そんな100記事も言ってないし、そもそも本にするような内容でもないし、雑記が基本だからね。このブログ。

プロ作家のデジタル編集長として、作りましたよ。これ。

スライド1

すごくない?題名

七洋水産

 

あ、この「、」はね、水しぶきさ。鮮度の良さを表紙で表現!

泳ぐ 海鮮丼 という副題は読めば読むほどわかるようなってきます。

そして、このオビ!力作!長力作!作家といっしょに文章作って、デザインしたのは、ぼくでーす!いいねぇ、いい仕事するねぇ。魚屋の店長!魚売るだけじゃないんだねぇ。

まぁ、しっかし、これ作るの大変だったんですよ。5時間ぐらいかかりました。文書考えたり、スタイルデザイン考えたりするのもそうなんですけど、表紙のサイズの問題なんです。

キンドルの画像のサイズは1000×625以上必須で、推奨が、2560x1500なんです。

この画像を作るのに手間取った!正月から、試行錯誤の繰り返し。駅伝とか見れないし、子供たちは持ち食っているんだけど、ひたすら試行錯誤。

最初ワードから作っていたんですけど、どうしてもデータ量が小さくなってしまうんですよ。

あと、いちいち、ペイントにくっつけて、調整して、どうのこうのしないといけない。

面倒!超面倒!こんなもん部下に丸投げ!って言いたいところだけど、部下とかいねぇぇ。。。。

という事で、調べに調べまくったんです。どうすればいいのか。

どうやら!パワーポイントで作るのがいいらしい!パワポで設定を変更するんですよ。

パワポでキンドル本の表紙を作る

パワポで、サイズを2500×1500にする為に、幅と高さを変更します。デザインタブから、スライドのサイズ→ユーザー設定のスライドのサイズをクリック。

ぱわぽ

そうすると、キャプチャのような選択ができるので、ここで、幅41㎝、高さ66㎝に設定する事すれば、OKなんです。

ぱわぽ2

そうすると、こんな感じで、パワポの紙?っていうの?なんていうのかな。わからんけど、形が変わるんですよ。

ぱわぽ3

あとは、こんな感じで。図形を使って、好きな場所に色やら文字やら入れていけば完成なんですけど、データを保存する際に、拡張子がPNGになっていますので、忘れずにJPGに変えましょう。こうやって。

ぱわぽ4

ぼくは知らなかったんですね。パワポからJPG作れること。これ、かなり応用できますね。イラスト作ったりするのは劇的に簡単になる。意外なパワポの使い方、みたいな?

で?

は? で? ってなに?

は?あ、あぁ、そういう事ね。そうだよね。キンドル本とか作らん!って、そうだよね。多くの人は作らないよね。読む方だよね。いや、でもね、いつかこういう時が来るかもしれない!から、その時の豆知識だね。うん。

ってかさ、いるかもしれんじゃーん?「俺さぁ、最近キンドル本作ろうとおもったんだけどよぉ、なんていうの?ほら、表紙作るの難しくね?」とか言ってる友達がさ、

そういう人にさ、あ、そういえばタイで魚屋している奴がブログでまとめてたよ!これ読んでっていうかもしれないじゃない?。

 って、言わねーな。絶対ないな、たぶん無いな。今後一生無いね。

わかった白状する。いかんせん、キンドルで本だそうという人は、日本に1万人ぐらいはいると思うんだよね。その人達の役に立てればなぁーって。

もっとわかりやすく言うとさ、グーグル先生に評価されて、キンドルで表紙を作る、で検索上位になって、PV稼ぎたいんだよね。無駄に!なんもないけど、流入あったらうれしいからね!それだけ!

ピッレオカップ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA